北米版ジブリ・宮崎駿監督作品集Blu-rayは子供の英語勉強にオススメの教材だった!




「子供に英語を勉強させたいけど、なにから始めていいかわからない」

「どうせなら、楽しみながら英語に触れさせたい」

小さなお子様をお持ちのお父さん・お母さんなら、こんなことを考えたことはありませんか?

うちも上の子が3歳になったばかりなのですが、そろそろ英語に触れさせたほうがいいのかなーと思いながらも、習い事となるとお金もかかるしどうしようかなと思っていました。

そんなとき、英語に触れさせるきっかけとして、スタジオジブリやディズニーなどのアニメのDVDやBlu-ray(ブルーレイ)を英語音声で見せるといいんじゃないかと思い試してみました。

すると、子供は英語音声でもとくに気にすることなく、日本語と同じように集中して楽しんでいます。

そして、親も子供と一緒に映画を見ながら英会リスニングの勉強にもなるので一石二鳥だということに気づきました。

子供と一緒に英語を勉強するときに使えるアニメはジブリやディズニー、その他いろいろありますが、ジブリの北米版(英語版)Blu-rayがいちばんオススメです。

この記事では、子供と一緒に英語を勉強する教材として、なぜ北米版ジブリのBlu-rayがいいのか、日本版やDVD版との違いなどについて説明します。

大好きなジブリ作品を親子で楽しみながら英語を身につけましょう!

ジブリ映画が子供の英語勉強にいい理由

まず、ジブリ作品が子供の英会話の勉強に適している理由について説明します。

ジブリ映画のDVDやBlu-rayには英語音声が収録されている

ジブリ映画のDVDやBlu-rayには、英語音声や英語字幕が収録されている作品が多くあります。

これらは再生中に音声や字幕を英語に切り替えることで、英語教材として使うことができます。

ためしに昔に買った、『天空の城ラピュタ』や『となりのトトロ』のDVDを持っている人はパッケージの裏を見てみてください。

英語音声・字幕が収録されていることがわかると思います。

自分が子供のころに好きだったトトロやラピュタなどのジブリ作品を子供と一緒にもういちど見たいと思う親御さんは多いでしょう。

子供と一緒にジブリ映画を楽しめるだけでなく、同時に英語の勉強もできるとしたら最高だと思いませんか?

子供が興味を持って自然に英語に触れられる

2、3歳くらいの子供をお持ちの親御さんはわかると思いますが、これくらいの子供はテレビでアニメを見はじめたら止まりません。

しかも、気に入ったら何回でもリピートするので、うちの子なんて『となりのトトロ』だけでも20回以上は見てると思います。

「こんなにテレビばっかり見て大丈夫かな? なんとかしなくちゃ」とあせる親は私だけではないでしょう。

でも、やめるように言うと、子供はよけいに見たがるものです。

そこで、テレビを見たがるのを逆手にとって、英語で見せて英語の勉強にしちゃおうという作戦です。

「英語だと子供は何を言っているかわからなくて退屈するんじゃないかな」っと思ったのですが、なんの疑問もなく英語音声で見てて、面白いシーンでは笑ったり、ときどき英語のセリフを真似したりしています。

英語にも親しんでいるようなので、このジブリ映画を英語で見せる作戦は成功でした。

わかりやすい英単語が使われている

「では英語音声がついている映画ならなんでもいいんじゃないか?」と思うかもしれませんが、ジブリ映画ならではのいい点があります。

ジブリ映画は子供が見ることを想定しているので、あまり難しい言葉が使われておらず、使われている単語もシンプルな点です。

そして、子供に見せても大丈夫な内容になっているので、親が事前に確認する必要がなく、安心して見せることができます。

ジブリ作品の中でも特にオススメなのは普段使うような自然な会話が多く出てくる作品です。

子供が喜ぶのは、『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』、大人のリスニングには、『耳をすませば』あたりがオススメです。

情報量が多いので何度でも楽しめる

金曜ロードショーなどでテレビ放送するジブリ映画を見て、「ジブリ映画は何回見ても飽きないなあ」と思ったことはありませんか?

「なんでかなあ」と思っていたのですが、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは以下のように説明しています。

「ジブリの映画は情報量が多いから、いちど見ただけじゃ理解できないので、なんども映画館に来てくれるし、何回、再放送しても視聴率が下がらないんですよ」

(コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと (NHK出版新書) 川上 量生 (著) より引用)

たしかに、ジブリの映画は絵がとても細かく描かれているので、繰り返し見ても、前には気づかなかった新しい発見があるので楽しめます。

英語は繰り返し見たり聞いたりして上達するので、何度も繰り返して見れるジブリ映画は素晴らしい英語教材です。

大人の英語リスニング練習にも使える

ジブリ映画を子供の英語勉強に使うメリットは、大人も一緒に楽しみながら英語勉強ができる点です。

英語音声で再生してリスニングをしたり、英語字幕を表示して、英語の表現を学習することができます。

英語初心者の大人が、いきなり洋画でリスニングをしようとしたら、速すぎて何を言っているかわからず挫折するでしょう。

しかし、子供のころに何度も見たジブリ映画なら、ストーリーが頭に入っているので、多少英語が聞き取れないところがあっても、「だいたいこういうことを言っているんだな」とわかります。

何度も聞いているうちに、そのシーンの英語のセリフを覚えているでしょう。

親子で一緒に楽しめる・会話が増える

親子で一緒に同じテレビ番組を楽しむというのは、なかなか難しいものです。

子供が見たい番組は親にとっては退屈に感じるし、親が見たい番組に子供は興味がありません。

しかし、これがジブリ映画の英語バージョンの場合、子供は純粋にアニメを楽しんで、親は自分の好きな作品で英語の勉強を楽しむことができます。

子供はけっこう鋭いので、親が心から真剣に楽しんでいなければわかってしまいます。

親子で一緒に心から楽しい時間を過ごせるのは最高ですね。

親子の共通の話題が増えて会話が弾むというのも、ジブリ映画で英語を学ぶメリットです。

北米版ジブリBlu-rayのメリット

日本版のジブリのDVDやBlu-rayでも副音声で英語音声や英語字幕が出せます。

では、なぜ北米版のそれもBlu-rayをオススメするのかを説明します。

ここでは、北米版Blu-rayならではのメリットを紹介します。

英語音声と字幕が一致している

ここ、じつは一番のポイントです!

「え? 英語の音声と字幕が一致しているって当たり前じゃないの?」と思われるかもしれませんが、じつは違うのです。

日本語版のジブリのDVD・Blu-rayを英語音声と英語字幕で再生してみると、「あれ? しゃべってる英語と字幕が違う」と気づきます。

日本版は英語音声のセリフと英語の字幕が違っているのです。

これではリスニングができないことはないのですが、聞き取った英語が合っているか間違っているか答え合わせができないので不便です。

しかし、北米版では、英語のセリフと英語の字幕が一致しているので、完璧に聞き取れなくても字幕を見ればなんて言っているのか確認できます。

英語の勉強を目的に考えた場合、目と耳から同時に勉強できるので、北米版のほうが圧倒的にやりやすいのです。

日本でも問題なく再生できる

DVDやBlu-rayには、再生できる地域を制限するリージョンコードが指定されています。

リージョンコード (region codes) は、DVD・Blu-ray Discやゲームソフトなどが販売および利用される地域(リージョン)の情報を記載した情報(コード)である。

リージョンコードを採用している規格では、商用パッケージソフトのリージョンと利用する機器のリージョンが一致しないと再生できないようアクセス制御される場合が多い。

(ウィキペディアより引用)

基本的にプレイヤーのリージョンとDVDやBlu-rayのリージョンが一致しないと再生できないので注意が必要です。

Blu-rayは、日本とアメリカが同じリージョンAに属しているので、北米版のBlu-rayは日本で再生できます。

しかし、DVDは日本がリージョン2、アメリカがリージョン1と違っているので、北米版のDVDはそのままでは日本の機器で再生できません。

また、DVDにはリージョン問題だけでなく、映像方式の問題もあります。

たとえば、ヨーロッパは日本と同じリージョン2ですが、映像方式が日本はNTSC、ヨーロッパはPALと異なるため再生できません。(パソコンでは再生できる場合が多い)

このように、DVDはいろいろと制約が多いので、問題なく再生できる北米版Blu-rayがオススメです。

北米版Blu-rayは、日本と同じリージョンAなので、リージョンを気にする必要はありませんでした。

しかし、「国コード」というものが設定されている場合があり、違う「国コード」のプレイヤーでは再生できなかったり、強制的に字幕が出て消せなかったりします。

北米版Blu-rayを買う場合には、商品説明などをよく読んで、自分の持っているプレイヤーで再生可能かを確認する必要があります。

安く買える

日本版と輸入版(北米版)を比べた場合、輸入版の方が安く買えます。

たとえば、Amazon.co.jpで『耳をすませば』のBlu-rayの価格を日本版と輸入版で比べてみます。

日本版Blu-rayが5,762円に対し、北米版DVD+BDは2,266円で買えます。(2018/04/14 現在)

北米版はBlu-rayとDVDが2枚セットになっても日本版の半額で買えてしまいます。

それでいて、セリフにマッチした字幕も付いているので、北米版はかなりお得です!

北米版ジブリBlu-rayのここがちょっと

値段も安く、英語勉強にも最適な北米版ジブリBlu-rayですが、日本語版と比べて、「ここはちょっと」と思う点も紹介します。

日本語で見るには音声切替が必要

北米版ジブリBlu-rayを再生すると、最初に言語を選ぶメニュー画面が表示されます。

ここで日本語を選択すると日本語で再生されるのですが、デフォルトでは英語が選ばれています。

英語で再生する場合はそのまま再生ボタンを押せばいいだけですが、まだ字が読めない子供に日本語で見せたい場合は、親が操作してあげる必要があります。

このように、日本語で見るにはボタンを操作して日本語を選択する必要があることは覚えておきましょう。

日本語字幕がついてない

北米版Blu-rayには日本語の字幕がありません。

日本語の字幕を見たい場合は、北米版Blu-rayは向いていません。

ケースや箱にキズがあることがある

ジブリ作品に限らないのですが、北米版は輸入版のため、日本国内版より輸送中に傷がつく可能性が高いです。

私はアメリカのAmazon.comで買って、箱が凹んで届いたことがありますが、返品の手間を考えて返品しませんでした。

普通に再生できればOKな人はいいですが、箱もコレクションで傷ひとつないものがいいという人は、輸入版は向かないかもしれません。

稀なケースかもしれませんが、海外の人は日本人ほど箱のキズを気にしないのかもしれないです。

北米版ジブリBlu-rayをオススメする人しない人

北米版ジブリBlu-rayをオススメする人

こんな人は北米版ジブリBlu-rayをオススメします。

  • 子供を英語に触れさせたい
  • リスニングの練習に使いたい
  • 英語音声の内容を字幕でも確認したい
  • 子供と一緒に英語の勉強をしたい
  • ジブリのBlu-rayを安く買いたい

北米版ジブリBlu-rayをオススメしない人

こんな人は北米版ジブリBlu-rayはオススメしません。

  • 子供に自分で日本語で再生させたい
  • 日本語の字幕が出ないと嫌
  • メニュー画面が英語だと嫌

たしかにBlu-rayを入れると最初に表示される言語選択の場面で、文字の読めない小さい子供に自分で言語を選択させることはできませんが、ほぼ実質的なデメリットはこれだけと言ってもいいでしょう。

日本語版だったとしても、言語設定画面で決定ボタンを押す必要があるので、ここの手間はさほど変わらないです。

そもそも映画館やテレビ放送で見るときも日本語字幕は表示されないし、メニューが英語というのも再生中には気になりません。

それよりも英語音声のセリフそのままの字幕が見れる北米版のメリットは大きいです。

北米版ジブリBlu-rayの購入方法

北米版ジブリBlu-rayの購入方法について説明します。

日本のAmazon.co.jpで買う

いちばん簡単なのは、日本のAmazon.co.jpで買うことです。

「作品タイトル 北米版」などで検索してみましょう。

検索結果には、DVDや英語版(英国版)といったものも表示されるので、商品の説明をしっかり見て、北米版かどうか、収録されている音声や字幕を確認してから購入しましょう。

アメリカのAmazon.comで買う

アメリカのAmazon.comから直接買うこともできます。

住所を英語で登録する必要がありますが、いちど登録してしまえば、次回から簡単に買うことができます。

価格も日本円で表示され、日本のクレジットカードで支払うことができます。

Amazon.comの価格を見てみると、ジブリ作品のBlu-rayの多くが$12.99(約1,441円)で販売されています。

実際には、ここに送料$4.98(約553円)と税金(約101円)がかかって、合計2,095円くらいです。(※価格は変動しますので、必ずこの価格で買えるということではありません)

日本のAmazon.co.jpでBlu-rayが1枚5,000以上で売られていることを考えると、めちゃくちゃ安いですね。

英語の練習がてら、海外から買ってみるのも楽しいですよ。

ただし、届くまで1週間〜2週間くらいかかるのと、モノによっては送料を入れると、日本のAmazon.co.jpの価格と同じくらいかAmazon.co.jpのほうが安かったりするので、比べてみてからAmazon.comのほうが安ければ買うようにするといいでしょう。

アメリカのAmazon.comで買うと、北米版のBlu-rayを間違えずに買うことができます。

ヤフオク!で買う

ヤフオク!にも北米版ジブリBlu-rayが出品されています。

新品だとアメリカのAmazon.comよりやや高めの価格設定ですが、ヤフオク!では中古も販売されています。

中古でもいいよ、という方は、ヤフオク!で買うと掘り出し物価格で買えるかもしれませんよ。

eBayで買う

eBayはアメリカの最大手のオークションサイトです。

ヤフオク!のアメリカ版と考えるとわかりやすでしょう。

登録はAmazon.comよりやや面倒ですが、それほど難しくはありません。

eBayも新品・中古品どちらも売っていて、オークション形式の販売やまとめ売りなどもされていることから、安く購入できるかもしれません。

単品で買うか作品集を買うか

スタジオジブリの映画が大好きでこの機会にまとめて買いたいという方は、『宮崎駿監督作品集 [Blu-ray] 』というのも出ています。

宮崎駿監督作品集 [Blu-ray]

<セット内容>
本編ディスク11枚+特典ディスク2枚 計13枚
解説ブックレット付
デジパック仕様

<収録作品>
●『ルパン三世 カリオストロの城』(劇場初監督作品)1979年製作
●『風の谷のナウシカ』1984年製作
●『天空の城ラピュタ』1986年製作
●『となりのトトロ』1988年製作
●『魔女の宅急便』1989年製作
●『紅の豚』1992年製作
●『もののけ姫』1997年製作
●『千と千尋の神隠し』2001年製作
●『ハウルの動く城』2004年製作
●『崖の上のポニョ』2008年製作
●『風立ちぬ』2013年製作

<特典ディスク1>
●『ユキの太陽 [パイロットフィルム]』1972年製作(約5分)
※テレビシリーズ企画用の短編。宮崎駿監督が全編にわたる演出、絵コンテを手がけた記念すべき作品。
●『赤胴鈴之助 [第26話・第27話・第41話]』1972~1973年製作(約73分)
※テレビシリーズより、宮崎駿監督が絵コンテを手がけた3話を収録。

<特典ディスク2>
●宮崎駿監督引退会見 ノーカット版(約95分)
※2013年9月6日に行われた宮崎駿監督の引退会見の模様をノーカットで収録。

北米版は『The Collected Works of Hayao Miyazaki』というタイトルで出ています。

北米版の違いは、日本版の特典ディスク2枚の内容が1枚にまとめられて、ディスク枚数が合計13枚となっています。(北米版は12枚。内容は同じです)

そして、日本版はBlu-ray1枚1枚が、デジパック仕様(厚紙の台紙にプラスティック製のトレー)になり独立していますが、北米版は1冊のディスクブックの中に12枚のBlu-rayが収まる仕様です。

音声は、英語、フランス語、日本語が収録されており、字幕は、英語、フランス語、字幕なしが選択できます。

スタジオジブリのメジャーな作品がほとんど収録されているので、ひとつひとつ揃えるのが面倒な人はこれを買うといいでしょう。

子供の好きな作品は、『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『千と千尋の神隠し』『崖の上のポニョ』などほぼそろいます。

ひとつ惜しいのは、『耳をすませば』は監督が宮崎駿監督ではないので入っていないことです。

『耳をすませば』は日常生活で使われるセリフが多く、リスニングにとくオススメなので、あとはこれだけ単体で購入すれば完璧かなと思います。

まとめ

今回は、ジブリ映画が子供の英語勉強や大人のリスニングにも使えることを紹介しました。

また、北米版は英語音声と英語字幕が一致しているので、リスニング教材にするなら北米版がオススメです。

英語の勉強にもなって、子供と一緒に世代を超えて楽しめるジブリ映画は本当に素晴らしいですね。

子供が自分が小さいころに見たジブリ映画を楽しんでいるのを見ると、本当に幸せな気持ちになります。

ジブリ映画で子供と一緒に英語を勉強するなら、子供が英語に抵抗がない小さいころからするのがオススメです。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です