ストレングス・ファインダー2.0は紙の本がお得!電子書籍版は無料で付属!?




ストレングス・ファインダー2.0をウェブテスト受けるときに、どの方法でをテストを受けるのがお得なのか、実際にテストを受けて調べてみました。

ストレングス・ファインダー2.0のウェブテストを受ける方法は主に3つあります。

  • 紙の本を買って、付属のアクセスコードを使用する
  • ギャラップ社のWebサイトからテスト付き電子書籍を購入する
  • モバイルアプリから課金してテストを受ける

この3つの中でもっともお得なのは、どれなのでしょうか。

ストレングス・ファインダーの料金は?無料で受けれるのか?

まず結論から言うと、無料で受けられるテストはないようです。

テストは有料になりますが、3つの受診方法があって、それぞれ料金が違います。

それぞれの料金を比較してどれがお得かみてみましょう。

書籍を買って、付属のアクセスコードでテストを受ける

まず紙の本を買って、付属のアクセスコードを使用してテストを受ける方法です。

この場合、必要な料金は、本の代金です。

Amazon.co.jpでは電子書籍の取り扱いはなく、紙の本だけの取り扱いとなっています。

本の価格は、新品で1,944円です。

中古の場合、「アクセスコード」が使用済みで、ストレングス・ファインダーのテストが受けれない可能性があるので、新品を買うようにしましょう。

次に、ギャラップ社のWebサイトから「CliftonStrengthsテスト付き電子書籍」を購入してテストを受ける方法があります。

紙の本と同じ「TOP5の強み」のテストで、価格はUS$19.99です。

これは、本日のレート(2018年3月15日)で約2,134円になります。

そして、クレジットカードでのドル決済になるので、両替手数料(外貨取扱手数料。VISAの場合、1.63%)がかかります。

こうしてみると、書籍を買ったほうが、安くテストが受けれるのでお得ですね。

モバイルアプリから課金してテストを受ける

最後に、スマートフォンアプリをダウンロードしてテストを受ける方法を見てみましょう。

iOS版は、App Storeで確認すると、「Top 5 Strengths」の料金が2,400円となっていました。

Android版は、ログインしてみようとしましたが、PCから登録したユーザー情報ではログインできず、料金は未確認です。

いずれにしても、書籍版を買うのが1番安くテストを受けれそうです。

ストレングス・ファインダーを受診するなら紙の本がお得!なぜなら・・・

ストレングス・ファインダーの受診料金をまとめます。

書籍を買う 1,944円
サイトからテスト付き電子書籍を買う 2,134円
スマホアプリ 2,400円

書籍を買って診断を受けるのが1番安いです。

そして、もう1つ書籍を買うといいことがあります。

それは、なんと、電子書籍も無料でもらえるということです。

どういうことかというと、診断結果の画面の下のほうにいくと、「RESOURCES」のコーナーがあります。

こちらの「マイEBOOKのダウンロード」をクリックすると、ファイル形式を選んでダウンロードする画面が表示されます。

試しにAmazon Kindle形式のファイルをダウンロードしてみました。

Kindleアプリで開いてみると、普通に日本語版の「ストレングス・ファインダー2.0」の電子書籍でした。

内容は紙の本と同じ内容ですが、目次がリンクになっていて読みたいところにすぐに飛べたり、他のKindle本と一緒で線を引いたりもできます。

つまり、紙の本を購入して、ストレングス・ファインダーのテストを受けると、結果の画面から電子書籍版も無料でダウンロードできるということです。

これを最初からわかっていたら、わざわざ高い料金を払ってギャラップ社のWebサイトからサイトから「テスト付き電子書籍」を買う必要はないですね。

まとめ

今回は、「ストレングス・ファインダー2.0」を受診するにあたって、どの方法が1番お得なのかを調べました。

紙の本を購入して受診したら、結果的に電子書籍も無料でもらえるので、手元には紙の本と電子書籍と両方残るのでお得ですよ、という話でした。

ちなみに、「ストレングス・ファインダー2.0」は、強みを知るためのものではありません。

「えっ?」と思いませんでしたか? 私も勘違いしていました。

以下は本からの引用です。

〈ストレングス・ファインダー2・0〉は、 あなたに強みを与えるためのものではない、ということを覚えておいてほしい。それは、あなたの強みを伸ばす可能性がどこにあるかを見つけやすくするためのものなのだ。

ストレングス・ファインダーが測定するのは、「才能」であって「強み」ではありません。

才能に努力をかけ合わせることで、強みにしていく必要があるのです。

どこに才能があるかを知ることによって、どの方向へ努力していけば、より強みを発揮できるのかを知ることができます。

「自分はどんなことに才能があるのかを知りたい」

「自分の強みを作っていきたい」

という人は、「ストレングス・ファインダー2.0」を1度受けてみるといいですよ。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です