ビットフライヤー(bitFlyer)とマネーフォワードの連携方法とAPIキーの取得方法




ビットフライヤー(bitFlyer)とマネーフォワードを連携する方法を説明します。

家計簿アプリのマネーフォワードと仮想通貨取引所の口座を連携しておくと、銀行などの残高と一緒に資産の増減を記録しておくことができます。

また、現在マネーフォワードでは、ビットフライヤー、コインチェック、ザイフといった国内の仮想通貨取引所に対応しており、それぞれの取引所の資産状況をまとめて見ることができます。

登録するにはビットフライヤーでAPIキーを追加する必要があります。

やり方はとても簡単で5分でできますので、この機会に登録しておきましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)とマネーフォワードの連携方法

マネーフォワードにログインします。

①メニューから「口座」をクリック。

②「金融機関を追加」をクリック。

③「FX・貴金属」をクリック。

④「bitFlyer」をクリック。

口座登録フォームが表示されますので、「bitFlyerのサイトでログインに用いる情報を確認する」の文字をクリックします。

bitFlyer Lightning」のサイトが開くのでログインします。「bitFlyer」と同じメールアドレスとパスワードでログインできます。

画面左上にある「≡」をクリック。

出てくるメニューから「API」をクリック。

「新しいAPIキーを追加」をクリック。

APIキーの権限の画面で「資産残高を取得」「証拠金の状態を取得」「建玉の一覧を取得」の3つにチェックを入れ「OK」をクリックします。

新しく追加された「API Key」と「API Secret」をマネーフォワードに入力します。

マネーフォワードの口座登録フォームに戻って、「API Key」と「API Secret」を入力し「登録」をクリックします。

ビットフライヤーの資産が表示しました。

これでマネーフォワードにビットフライヤーの口座が連携できました。

まとめ

今回は、マネーフォワードにビットフライヤーの口座を連携する方法を説明しました。

ビットフライヤーの口座を登録するには「bitFlyer Lightning」の画面でAPIキーを追加する必要があります。

マネーフォワードで資産の推移を記録し始めるのは、連携完了後からなので、過去のお金の推移は取り込めません。

マネーフォワードで仮想通貨取引所の資産の推移を記録し始めたい場合は、5分もあれば連携できるので、早めに登録しておきましょう。

→ Zaifの口座の連携方法はこちら

マネーフォワードに仮想通貨取引所 Zaif(ザイフ)の口座を連携する方法【1分でできる】

2018年1月22日

→ コインチェックの口座の連携方法はこちら

コインチェック(Coincheck)とマネーフォワード の連携方法とアクセスキーの取得の仕方【5分でできる】

2018年1月23日








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です