CryptactとBybitをAPI連携する方法【仮想通貨の確定申告】

CryptactでBybitとAPI連携する方法仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨の損益計算サービスCryptact(クリプタクト)BybitAPI連携できるようになりました。

Cryptactでは、2021年9月9日より、API連携による取引履歴の取得機能が追加されました。

今までは、取引所から取引履歴ファイルを一旦ダウンロードしてから、Cryptactにアップロードする必要がありました。

それが、API連携機能の追加により、取引所から取引履歴をいちいちダウンロードしなくても、Cryptactで損益計算ができるようになり、便利になりました。

bybitのAPIでは「現物」での現物取引履歴のみ取得可能です。デリバティブ取引での取引履歴は、今までどおりファイルでのアップをしなければなりません。

この記事では、CryptactとBybitをAPI連携する方法を解説します。

BybitのAPIキー取得方法

まず、Bybitの取引履歴のAPIキーを取得する方法を解説します。

Bybitにログインし、右上の人型アイコンにカーソルを合わせ、、「API」をクリックします。

BybitのAPIキー取得方法

「資産の安全のため、APIキーは作成時に一度だけ表示され、その後非表示になります。安全な場所へ保管してください。」と表示されます。「理解しました」をクリックします。

BybitのAPIキー取得方法

「新しいキーの作成」をクリックします。

BybitのAPIキー取得方法

「新しいキーの作成」画面で以下の情報を入力し、最後に右上の「送信」をクリックします。

  1. 名前(任意の名前を入力)
  2. 「読み取り専用」にチェック
  3. タイプ「現物」の「トレード」にチェック
  4. 「APIキーへのIPアクセス」で「IPすべて IPに接続しない場合、有効期限は3ヵ月です」にチェック
BybitのAPIキー取得方法

Google二段階認証コードを入力し、「確定」をクリックします。

BybitのAPIキー取得方法

作成されたAPIキーとAPIシークレットキーをメモ帳などにコピペして保存します。

BybitのAPIキー取得方法

以上でBybitのAPIキー取得が完了しました。

続いて、CryptactからAPIを連携しましょう。

CryptactとBybitをAPI連携する方法

Cryptactにログインし、左メニューから「取引履歴一覧」をクリックし、右上の「取引履歴追加」をクリックします。

CryptactとFTXをAPI連携する方法

「取引所にAPI接続する」をクリックします。

CryptactとFTXをAPI連携する方法

API接続をする取引所を選択します。「Bybit」をクリックします。

CryptactとBybitをAPI連携する方法

「BybitのAPIキーを追加する」をクリックします。

CryptactとBybitをAPI連携する方法

Bybitの「APIキー」と「シークレットキー」を入力し、「送信する」をクリックします。

CryptactとBybitをAPI連携する方法

CryptactとBybitのAPI接続が完了しました。

新たに取引をした場合は、「同期する」をクリックすると、新しい取引のみ反映されます。自動で同期はされないので、新たに取引をしたら同期をしましょう。

CryptactとBybitをAPI連携する方法

まとめ

CryptactとBybitをAPI連携する方法を解説しました。

Cryptactでは、2021年9月9日より、API連携による取引履歴の取得機能が追加されました。

API連携に対応している取引所は、以下の8つです。(2021年12月21日現在)

  • Binance(バイナンス)
  • Bybit(バイビット)
  • bitbank(ビットバンク)
  • FTX(エフティーエックス)
  • Zaif(ザイフ)
  • AscendEX(アセンドイーエックス)
  • BITTREX(ビットトレックス)
  • DeCurret(ディーカレット)

API連携を一度しておくと、取引履歴を取引所からいちいちダウンロードしなくても最新の履歴を取り込めるので便利です。

私は、Bybitのほかに、Binance、FTXも使っていて、これらの取引所がAPI接続に対応したので使いやすくなりました。

取引履歴の件数も多く、DeFi機能も使いたかったので、アドバンスドプランにアップグレードしました。

Cryptactは、API連携機能が追加されてますます便利になり、仮想通貨の損益計算・確定申告に欠かせないサービスです。

まずは無料アカウントを作成し、試してみてください。

【2022年版】仮想通貨取引所おすすめランキング

おすすめの仮想通貨取引所を紹介します。(2022年現在)

Bybit(バイビット)

仮想通貨の現物取引・デリバティブ取引をするなら「Bybit」がおすすめです。

サーバーが強くて注文が通りやすい。使いやすいUI(ユーザーインタフェース)で仮想通貨トレーダーに人気の取引所です。便利なアプリもあります。

BitDAO(BIT)を保有していれば、IEO(ローンチパッド)に参加できます。

ByFiセンターでは、仮想通貨を預けて増やすことができます。

2021年からは40種類以上の仮想通貨の現物取引もできるようになりました。

\取引体験やキャンペーンでボーナスをゲット!/

Bybitの紹介コードが必要な方は、紹介コード「6BoK7」をお使いください。

上のリンクから登録の場合は、紹介コードを入力しなくても大丈夫です。

キャンペーンやボーナスの内容は時期によって異なります。

Bybitの登録方法・紹介コード・キャンペーンは、以下の記事をご覧ください。

FTX(エフティーエックス)

2021年最も勢いのある仮想通貨取引所が「FTX」です。

取引所トークンのFTT、SolanaブロックチェーンのSOLを取引可能。

FTXのIEO銘柄の多くが高騰し、ATLASが120倍になったことでも話題になりました。

仮想通貨のレンディングやステーキング、NFTなど様々な稼ぎ方ができ、仮想通貨をやるなら登録必須の取引所です。

FTX.comは、2022年4月4日午前9時(東京時間)をもって、FTX Japanに移行し、日本からも登録できるようになりました。(2022年6月現在)

\こちらから登録で手数料がずっと5%割引でお得!/

FTXの手数料5%割引を受けるには、リファラルコード(紹介コード)「2987466」をご使用ください。

リンクをクリックし、登録画面で手数料5%OFFが適用されていることをご確認ください。

FTXの登録方法(手数料5%割引)は、以下の記事をご覧ください。

Binance(バイナンス)

アルトコイン現物の取引は「Binance」がおすすめです。

取引所トークンのBNBがDeFiで注目を集め、年初から約10倍になりました。

2021年にイーロン・マスクのツイートで高騰したDOGEも取引可能です。

アルトコインの取り扱い数が多く、現物・デリバティブともに仮想通貨の取引高世界一の取引所です。

招待ID(招待リンク)が必要な方は「20768625」をご利用ください。

上記のリンクをクリックした場合、自動で入力されます。

バイナンスの登録方法は、以下の記事をご覧ください。

コメント

「仮想通貨」の正式名称は「暗号資産」です。

タイトルとURLをコピーしました