コインチェック(Coincheck)とマネーフォワード の連携方法とアクセスキーの取得の仕方【5分でできる】

お金

前回はマネーフォワードとZaifアカウントを連携してみました。

今回はコインチェック(Coincheck)のアカウントをマネーフォワード に連携させていきます。

コインチェックの場合は、Zaifのときにはなかった「アクセスキー」というものを作る必要があるので、アクセスキーの取得方法もあわせて説明します。

マネーフォワード に各取引所を連携させておくと資産がまとめて確認できるので、この機会に連携させておきましょう。

コインチェック(Coincheck)とマネーフォワード の連携方法

マネーフォワードにログインし「口座」をクリックします。

①メニューから「口座」をクリック。

②「金融機関追加」をクリック。

③「FX・貴金属」をクリック。

④「coincheck」をクリック。

口座登録フォームが表示されます。ここでは「アクセスキー」「シークレットアクセスキー」が必要となります。

「coincheckのサイトでログインに用いる情報を確認する」の文字をクリックすると、コインチェックのサイトが開きます。

コインチェックのサイトでアクセスキーを取得する

コインチェックのサイトが別のタブで立ち上がりますので、「取引アカウントでログインする」をクリックします。

コインチェックにログインしたら、①「設定」、②「API」キー、③「新たにAPIキーを追加する」の順にクリックします。

APIキー パーミッションの画面が表示されるので、「全てを選択する」をクリック。

「パスワード」を入力して「OK」をクリックします。

「アクセスキー」と「シークレットアクセスキー」が表示されました。

この「アクセスキー」と「シークレットアクセスキー」はマネーフォワードのサイトで入力する必要があるので、このページは閉じずに開いておきましょう。

マネーフォワードでアクセスキーを入力する

マネーフォワードに戻って、コインチェックで取得した「アクセスキー」と「シークレットアクセスキー」を入力して「登録」をクリックします。

コインチェックの情報が表示されたら、連携完了です。

Zaifと同じく前日までのデータしか取得できませんでした。資産の推移を記録に残したい人は、できるだけ早く登録しといたほうがいいでしょう。

まとめ

マネーフォワードとコインチェックの連携は5分もあればできます。

ただし、取り込めるデータは連携した時点からなので、連携はできるだけ早く済ませておいたほうが、より多くのデータを記録できます。

これで、仮想通貨の国内三大取引所、ビットフライヤー 、コインチェック、ザイフの口座をマネーフォワードに登録できました。

連携すれば、下のように各取引所の資産をまとめて確認できるので便利です。

仮想通貨の取引所の口座を開設したら、ぜひマネーフォワードとの同期もしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました