Cryptact(クリプタクト)の使い方|仮想通貨(暗号資産)損益計算ツール【確定申告】

クリプタクト仮想通貨損益計算ツールの使い方仮想通貨(暗号資産)

Cryptact(クリプタクト)は仮想通貨(暗号資産)の損益計算ツールです。

年末になってきて気になってくるのが、仮想通貨の確定申告。

  • 複数の仮想通貨取引所を使っていて、どれくらい利益があるのかわからない
  • 確定申告をする必要はあるのか
  • 今年中に損益を確定したほうがいいのか

など、気になっている方も多いでしょう。

Cryptactは、仮想通貨(暗号資産)の損益計算が簡単にできる便利なツールです。

この記事では、Cryptact(クリプタクト)を使って、仮想通貨(暗号資産)の損益を計算する方法について解説します。

Cryptact(クリプタクト)とは?

アセットマネジメント___Cryptact_投資支援プラットフォーム
Cryptact公式サイトより

Cryptact(クリプタクト)は、仮想通貨(暗号資産)の損益計算ツールです。

国内外21箇所の取引所、2,000種類以上の仮想通貨(暗号資産)に対応。しかも、無料で使えます。(2018/12/29 現在)

対応取引所数33社、対応済コイン数2,800以上に拡大していました。(2019/03/24 現在)

2021年1月12日現在、43の取引所、5002の仮想通貨(暗号資産)に対応しています。

損益計算完了まではたったの4ステップ。

  1. 会員登録
  2. アップロードボタンをクリック
  3. 取引所を選択
  4. CSVファイルをアップロード

これだけで損益計算を自動でしてくれます。

Cryptact(クリプタクト)の有料・無料版の違い

Cryptact(クリプタクト)の有料・無料版の違いを解説します。

料金プラン___Cryptact_投資支援プラットフォーム

無料プランでは、年間取引件数が100件までとなります。また海外取引所の履歴がアップロードできるのがライトプラン以上となります。

よって、年間取引件数が100件以上あるか、海外取引所での取引がある人は必然的に有料プランが必要です。

ちなみに私はライトプランを契約しています。

2020年の途中まで無料で使えていたので、最初有料になったときは「高いな〜」と正直思ったのですが、こんな便利なサービスがなくなったら確定申告が本当に大変になってしまうので、有料でもちゃんと利益を出して続けてほしいです。

Cryptact(クリプタクト)対応取引所一覧

Cryptact(クリプタクト)に対応している取引所は以下の46箇所です。(2021年1月12日 現在)

  1. bitFlyer
  2. BitMex
  3. Bybit
  4. Coincheck
  5. GMOコイン
  6. Zaif
  7. AAcoin
  8. Aidos Market
  9. Binance
  10. bitbank
  11. Bitfinex
  12. BitMax.io
  13. BITPoint
  14. Bitrue
  15. Bittrex
  16. Bit-Z
  17. BlockFi
  18. BTCBox
  19. c0ban
  20. Changelly
  21. Coinbase
  22. Coinbase Pro
  23. CoinEx
  24. CoinExchange.io
  25. CoinOn
  26. CROSS exchange
  27. Cryptopia
  28. DMM Bitcoin
  29. Fisco
  30. FTX
  31. Ginco
  32. HitBTC
  33. Huobi
  34. Kraken
  35. KuCoin
  36. Liqui
  37. Liquid
  38. Mercatox
  39. Midex
  40. Nexo
  41. Poloniex
  42. SpectroCoin
  43. STEX
  44. TAOTAO
  45. Tidex
  46. TradeSatoshi

Cryptact(クリプタクト)の登録方法

Cryptact(クリプタクト)はメールアドレスのみで簡単に登録できます。

Cryptact(クリプタクト)の登録手順

Cryptactの公式サイトにアクセスし、画面上部の「tax@」をクリックします。

Cryptact(クリプタクト)の登録方法

少し画面をスクロールしたところにある、「ログイン・無料登録はこちら」をクリックします。

Cryptact(クリプタクト)の登録方法

画面右上の「新規登録」をクリックします。

Cryptact(クリプタクト)の登録方法

ユーザー登録画面で、「ユーザー名」「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「利用規約に同意する」「I’m not a robot」にチェックを入れ、「登録」をクリックします。

Cryptact(クリプタクト)の登録方法

登録メールアドレス宛に確認メールが届くので、「メールアドレスを確認」をクリックして、メールアドレス認証を完了させます。

Cryptact(クリプタクト)の登録方法

「登録メールアドレスが正常に認証されました」と表示されます。

Cryptact(クリプタクト)の登録方法

これでCryptact(クリプタクト)の新規登録が完了しました。

2段認証設定の手順

続いて、二段階認証の設定もしておきましょう。

ログインして、画面右上のユーザー名にカーソルを合わせるとメニューが表示されるので、「設定」をクリックします。

Cryptact(クリプタクト)2段認証設定

セキュリティ項目の2段認証設定の「編集する」をクリックします。

Cryptact(クリプタクト)2段認証設定

「2段認証コード設定」をクリックします。

Cryptact(クリプタクト)2段認証設定

2段階認証アプリでQRコードを読み取り、アプリに表示されるトークン(6桁の数字)を入力し、「確認・保存」をクリックします。

Cryptact(クリプタクト)2段認証設定

これで2段階認証設定が有効になりました。

Cryptact(クリプタクト)2段認証設定

Cryptact(クリプタクト)の使い方

Cryptact(クリプタクト)の利用の流れは以下のとおりです。

  1. 取引所から取引履歴をダウンロードする
  2. 取引履歴をアップロードする
  3. 未分類取引を解消する

それでは、順番に見ていきましょう。

まずは各取引所から取引履歴をダウンロードします。

ここではビットコイン取引量世界1位のBitMEXと国内主要取引所を例として取引履歴のダウンロード方法を説明します。

BitMEXの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

BitMEX(ビットメックス)にログインして、画面上部の「アカウント」をクリックします。

左メニューから「残高」をクリックし、「CSV形式で保存」をクリックします。

BitMEXの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

bitFlyerの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

bitFlyer(ビットフライヤー)にログインして、左メニューの「お取引レポート」をクリックします。

bitFlyerの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

お取引レポートのダウンロード画面が表示されます。

取引状況に応じて、必要なファイルをダウンロードします。

  • FX/先物取引がない場合:①「すべてのお取引」のみダウンロード
  • FX/先物取引がある場合:②「すべてのお取引」「Lightningの全履歴」「証拠金の履歴」「充当履歴」の全部をダウンロード
bitFlyerの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

Coincheckの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

Coincheck(コインチェック)は取引履歴のファイルが6つに分かれています。

以下の取引履歴があります。

  • 「コインを買う」の履歴
  • 「コインを売る」の履歴
  • 「取引所」の履歴
  • 「クレジットカードで買う」の履歴
  • 「コインを貸す」の履歴
  • 「コインを送る」の履歴

取引がない場合はダウンロードするリンクが表示されず、そのファイルは不要です。

ここでは、「コインを買う」の履歴を例にダウンロードの仕方を説明します。

「コインを買う」の履歴

画面上部の「ウォレット」クリック、左メニューの「コインを買う」をクリックしたのち、右下の三角ボタンにカーソルを合わせ、「CSVとしてエクスポート」をクリックします。

Coincheckの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

Zaifの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

Zaif(ザイフ)では、取引の種類に応じて3種類のファイルがあります。

  • Zaif 現物取引の履歴
  • Zaif 信用取引の履歴
  • Zaif ログインボーナス

Zaif 現物取引と信用取引の履歴

Zaifにログインして、画面上部メニューの「アカウント」をクリックします。

Zaifの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

「各種サービス」⇒「取引履歴CSV」の順にクリックし、「他の年を選択」で年を選択します。

Zaifの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

「現物取引」と「信用取引」のZIPファイルが現れるので、ファイル名をクリックしてダウンロードします。

ファイル名の右側に表示されている「ZIPパスワード」を入力してファイルを解凍します。

Zaif ログインボーナス

Zaifにログインして、画面上部メニューの「アカウント」をクリックします。

「ボーナス」⇒「ボーナス獲得」の順にクリックし、画面下の「csv download」をクリックします。

Zaifの取引履歴CSVファイルのダウンロード方法

Cryptact(クリプタクト)にCSVファイルをアップロードする

Cryptactにログインし、画面上部のメニューから「tax@」をクリックし、「ファイルをアップロード」をクリックします。

Cryptact(クリプタクト)にCSVファイルをアップロードする

(2回目からは、右上のアップロードボタンをクリックして取引履歴をアップロードします)

取引所を選択する画面が表示されるので、取引所を選択します。ここではBitMEXを例に説明します。

Cryptact(クリプタクト)にCSVファイルをアップロードする

取引所からダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップします。

タイムゾーンは、ダウンロードする際、PC環境や設定により自動で決定されます。ダウンロードしたファイルの日付がどのタイムゾーンなのかを確認して選択します。(ちなみに私の場合、取引履歴は日本時間になっていました)

Cryptact(クリプタクト)にCSVファイルをアップロードする

タイムゾーンで「日本時間((UTC+09:00) Osaka, Sapporo, Tokyo)」を選択して、「アップロード」をクリックします。

Cryptact(クリプタクト)にCSVファイルをアップロードする

これでアップロードは完了です。

Cryptact(クリプタクト)にCSVファイルをアップロードする

自動で損益が計算されて表示されます。

Cryptact(クリプタクト)にCSVファイルをアップロードする

まとめ

仮想通貨の税金計算をサポートしてくれるツール「Cryptact(クリプタクト)」の使い方を紹介しました。

仮想通貨取引、とくにビットコインFXなどをしていると、取引の回数が多くなるので、手動で計算しようとすると本当に大変です。

Cryptact(クリプタクト)は、国内外主要取引所43箇所に対応し、取引履歴のCSVファイルをアップロードするだけで、自動で損益を計算してくれるので、本当にありがたいですね。

仮想通貨の税金計算はよくわからないからと放っておいたら、あとで大変なことになるので、しっかりと損益計算をし、確定申告を忘れないようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

仮想通貨取引所 おすすめランキング【2022年】

2022年現在、おすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)」は、使いやすく取引銘柄数も多い仮想通貨取引所です。

仮想通貨の取扱銘柄数は153種類。(2022年9月12日現在)

現物取引、デリバティブ取引、資産運用などができる総合的な仮想通貨のプラットフォームです。

新規上場トークンをBITで購入できるローンチパッド、ステーキングで新トークンを獲得できるローンチプールもあります。

本格的に仮想通貨の取引や資産運用をしたい人にオススメです。

\こちらから登録でボーナスをゲット!/

Bybitの紹介コードが必要な方は、紹介コード「992」をお使いください。

上の紹介リンクをクリックすると、紹介コードが自動で入力されます。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)」は、世界最大の仮想通貨取引所です。

仮想通貨の取扱銘柄数は534種類。(2022年9月12日現在)

現物、マージントレード、デリバティブなど多彩な取引ができます。また、ローンチパッド、ローンチプール、ステーキング、ファーミングなど、様々な収益を得ることができます。

世界最大の取引量を誇る取引所なので、仮想通貨投資をするならまず登録しておきましょう。

\世界最大の仮想通貨取引所/

Binanceの招待IDが必要な方は、招待ID「20768625」をお使いください。

上記の招待リンクをクリックすると、招待IDが自動で適用されます。

GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループの日本国内の仮想通貨取引所です。

日本円、仮想通貨(暗号資産)の入出金手数料が無料

簡単に仮想通貨の取引ができる販売所の他に、手数料が安い取引所もあります。

つみたて暗号資産、貸暗号資産、IEOなどのサービスもあります。

日本の大手企業を親会社に持つ国内の仮想通貨取引所なので安心です。

\日本円・暗号資産の入出金手数料が無料!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました