【2022年現在】クリプタクトでカスタムファイル作成が必要な取引履歴について解説【2021年度仮想通貨の確定申告】

クリプタクトでカスタムファイル作成が必要な取引履歴税金(確定申告)

2022年(2021年度)の確定申告の期限が近づいてきました。

クリプタクトは、国内外の仮想通貨取引所からダウンロードできる取引履歴をアップロードしたり、API連携することで、仮想通貨の損益計算を半自動でしてくれるサービスです。

そんな便利な、クリプタクトを使っていても、仮想通貨取引所の取引履歴ファイルに記載されていない取引は、自分でカスタムファイルを作成、アップロードしなければなりません。

この記事では、私が2017年から2022年現在まで使ったことのある仮想通貨取引所で、クリプタクトで正しく損益計算をするために、カスタムファイルを作成した取引履歴をまとめます。

クリプタクトで各取引所の取引履歴をすべてアップロードしたのに、実現損益が明らかにおかしかったり、クリプタクトの保有残高と実際の保有残高に差がある場合は、カスタムファイル作成が必要な取引履歴が抜けているのかもしれません。

ちなみに私は、カスタムファイル作成してクリプタクトにアップロードしたところ、BTC・ETH・XRP・USDT・BITの主要通貨について、実際の保有残高との差が1円未満となりました。

もし、実際の保有残高とクリプタクトの通貨別ポジションが合わなければ、本記事を参考に、抜けている取引履歴がないかを確認してみてください。

クリプタクトのカスタムファイルのフォーマットは、以下のリンクからダウンロードできます。

カスタムファイルの作成方法

使っている仮想通貨取引所とカスタムファイル作成が必要だった取引所

私が2017年から2022年までの間に使ったことがあり、クリプタクトに取引履歴をアップロードした仮想通貨取引所とその中でカスタムファイル作成が必要だった取引所について説明します。

クリプタクトに取引履歴をアップロードした仮想通貨取引所とカスタムファイル作成の有無は、以下のとおりです。

取引履歴をアップロードした取引所カスタムファイル作成の有無
bitFlyerなし
BitMEXあり
Bybitあり(一部API接続)
Coincheckなし
GMOコインあり
Zaifあり
Coinbaseあり
Binanceなし(API接続)
FTXなし(API接続)

このとおり、9取引所のうち、5取引所がカスタムファイルの作成が必要でした。

続いて、各取引所ごとにどのような取引履歴のカスタムファイル作成が必要だったのか見ていきましょう。

BitMEXのカスタムファイル作成が必要な取引履歴

BitMEXでカスタムファイル作成が必要な取引は、「送金手数料(ビットコインネットワーク料金)」です。

BitMEXのビットコインネットワーク料金(送金手数料)

BitMEXからダウンロードできる取引履歴には、送金手数料(ビットコインネットワーク料金)が含まれていないので、BitMEXから出金したことがある人は、カスタムファイルを作成する必要があります。

BitMEXのビットコインネットワーク料金のカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2018/12/30 21:19:37SENDFEEBitMEX ビットコインネットワーク料金BTC0.00020000JPY0JPY2.5.送金手数料

Sourceは、任意の名称です。BitMEXの通常の取引履歴と同様「BitMEX」としてもいいですし、カスタムファイルと通常の取引履歴を区別したければ、「BitMEX ビットコインネットワーク料金」などと、しておくとよいでしょう。(以下、他の取引所でも同様)

Commentは、任意です。自分の記録用に取引内容がわかりやすいコメントを入力しておくとよいでしょう。(省略可)

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

クリプタクトのカスタムファイルのフォーマットは、以下のリンクからダウンロードできます。

カスタムファイルの作成方法

BitMEXの取引履歴ファイルのダウンロード方法は、以下のリンクをご参照ください。

BitMEXの取引履歴ファイルダウンロード方法

Bybitのカスタムファイル作成が必要な取引履歴

Bybitには、カスタムファイル作成が必要な取引履歴が多数あります。(私の場合8種類)

Bybitで様々な取引をした場合は、少々面倒ですが、以下で説明するカスタムファイルを忘れずに作成しましょう。

Bybitのトランザクション手数料(送金手数料)

Bybitのダウンロードできる取引履歴には、「送金手数料(トランザクション手数料)」が含まれていないので、Bybitから出金したことがある人は、カスタムファイルを作成する必要があります。

Bybitのトランザクション手数料のカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2019/07/29 15:53:59SENDFEEBybit トランザクション手数料BTC0.00050000JPY0JPY2.5.送金手数料

Sourceは、任意の名称です。Bybitの通常の取引履歴と同様「Bybit」としてもいいですし、カスタムファイルと通常の取引履歴を区別したければ、「Bybit トランザクション手数料」などと、しておくとよいでしょう。(以下、他の取引所でも同様)

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

Bybit Affiliatesのキャンペーン

これは、Bybit Affiliatesのアカウントを持っている人向けなので、アフィリエイトをしていない人には関係ありませんが、見落としやすいので注意です。

Bybitのキャンペーン報酬は、通常、現物アカウントにエアドロップとして配布されますが、私の知る限り、過去2回だけ、アフィリエイトアカウントに直接配布されました。

アフィリエイトアカウントに配布されたキャンペーン報酬」は、カスタムファイル作成が必要です。

この報酬は、画面上どこにも履歴が表示されないので、見落としやすくて困ります。

私はたまたまメモしておいたキャンペーン報酬とクリプタクトの保有残高と実際の保有残高の差が一致したので、気づくことができました。

Bybit Affiliatesのキャンペーン報酬のカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2021/11/03 00:00:00BONUSBybit Affiliates キャンペーンBIT570.00000000JPY0JPY2.8.1.チャットボーナス/キャンペーン

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

過去2回のアフィリエイトアカウントに配布されたキャンペーンは、以下です。

  • 2021/11/02 BITエアドロップ
  • 2021/12/10 「超おトク!はじめての入金応援祭」(修正済)
  • 2022/12/17 「【ご好評につき再登場】超おトク!はじめての入金応援祭」(修正済)
  • 2022/01/25 「Xmasトレードフェス」

2回あった「超おトク!はじめての入金応援祭」については、現物アカウントとアフィリエイトアカウントに重複支払いがあり、アフィリエイトアカウントに配布された報酬は回収されたので、カスタムファイル作成の必要はありません。(次のエアドロップとしてカスタム作成するため)

Bybitのエアドロップ

Bybitの「エアドロップ」は、ダウンロードできる取引履歴に含まれていないので、カスタムファイルを作成する必要があります。

以下の手順でエアドロップの取引履歴があるか確認します。

「資産」→「現物アカウント」→「履歴」→「その他」の順にクリックすると、エアドロップの履歴が表示されます。

Bybitのエアドロップのカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2021/09/28 18:12:23BONUSBybit エアドロップBIT3500.00000000JPY0JPY2.8.2.AirDrop

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

Bybitのローンチパッド

Bybitの「ローンチパッド」は、ダウンロードできる取引履歴に含まれていないので、カスタムファイルを作成する必要があります。

以下の手順でローンチパッドの取引履歴があるか確認します。

「もっと見る」→「ローンチパッド」→「開催中または終了のプロジェクト」→「コミット履歴」の順にクリックすると、ローンチパッドの履歴が表示されます。

Bybitのローンチパッドのカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2021/11/05 20:21:23BUYBybit ローンチパッドCBX620.280200000.03729999926BIT0JPY2.2.ICO

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

BybitのByFi ローンチプール

Bybitの「ByFi ローンチプール」は、ダウンロードできる取引履歴に含まれていないので、カスタムファイルを作成する必要があります。

以下の手順でByFi ローンチプールの取引履歴があるか確認します。

「注文」→「Bybit Earnの注文」→左メニュー「ローンチプール」→「すべての注文」の順にクリックし、「タイプ:利回り」を選択して、「検索」をクリックします。

BybitのByFi ローンチプールのカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2022/2/26 09:00:47STAKINGBybit ByFi ローンチプールSYNR144.74JPY0JPY2.10.ステーキングによる報酬

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

上記の手順で画面に表示された、ByFi ローンチプールの取引履歴を一度エクセルなどにコピペして、カスタムファイルの形式に編集してから、カスタムファイルに貼り付けるとよいでしょう。

画面に表示される配布日時(UTC)を日本時間(JST)に変換してから、カスタムファイルに貼り付ける必要があります。

時間の変換には、エクセルの関数を使います。

たとえば、F2セルに配布日時(UTC)が入力されているなら、「=F2+TIME(9,0,0)」で日本時間(JST)に変換できます。

BybitのByFi 積立ステーキング

Bybitの「ByFi 積立ステーキング」は、ダウンロードできる取引履歴に含まれていないので、カスタムファイルを作成する必要があります。

以下の手順でByFi 積立ステーキングの取引履歴があるか確認します。

「注文」→「Bybit Earnの注文」→左メニュー「積立ステーキング」→「すべての注文」の順にクリックし、「タイプ:利回り」を選択して、「検索」をクリックします。

BybitのByFi 積立ステーキングのカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2022/3/1 09:32:57STAKINGBybit ByFi 積立ステーキングBIT2.09JPY0JPY2.10.ステーキングによる報酬

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

上記の手順で画面に表示された、ByFi 積立ステーキングの取引履歴を一度エクセルなどにコピペして、カスタムファイルの形式に編集してから、カスタムファイルに貼り付けるとよいでしょう。

画面に表示される配布日時(UTC)を日本時間(JST)に変換してから、カスタムファイルに貼り付ける必要があります。

時間の変換には、エクセルの関数を使います。

たとえば、F2セルに配布日時(UTC)が入力されているなら、「=F2+TIME(9,0,0)」で日本時間(JST)に変換できます。

BybitのByFi DeFiマイニング

Bybitの「ByFi DeFiマイニング」は、ダウンロードできる取引履歴に含まれていないので、カスタムファイルを作成する必要があります。

以下の手順でByFi DeFiマイニングの取引履歴があるか確認します。

「注文」→「Bybit Earnの注文」→左メニュー「DeFiマイニング」→「すべての注文」の順にクリックし、「タイプ:利回り」を選択して、「検索」をクリックします。

BybitのByFi DeFiマイニングのカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2021/11/12 15:44:00STAKINGBybit ByFi DeFiマイニングUSDT21.57530000JPY0JPY2.10.ステーキングによる報酬

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

上記の手順で画面に表示された、ByFi DeFiマイニングの取引履歴を一度エクセルなどにコピペして、カスタムファイルの形式に編集してから、カスタムファイルに貼り付けるとよいでしょう。

画面に表示される配布日時(UTC)を日本時間(JST)に変換してから、カスタムファイルに貼り付ける必要があります。

時間の変換には、エクセルの関数を使います。

たとえば、F2セルに配布日時(UTC)が入力されているなら、「=F2+TIME(9,0,0)」で日本時間(JST)に変換できます。

Bybitのアフィリエイト報酬(サブカテゴリー未対応のコイン)

Bybitのアフィリエイト報酬のエクスポートファイルは、クリプタクトのアップロードに対応しています。

ただし、アップロードに対応しているのは、サブカテゴリーで選択できるコイン銘柄のみです。

Bybitでは、最近新しいコインがどんどん上場しているので、最近上場したコインは、サブカテゴリーに表示されず、クリプタクトのアップロードに未対応です。

そこで、「アフィリエイト報酬(サブカテゴリー未対応のコイン)」については、カスタムファイルを作成する必要があります。

BybitのBybitアフィリエイト報酬(サブカテゴリー未対応のコイン)のカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2022/02/15 17:55:55BONUSBybit アフィリエイト報酬(サブカテゴリー未対応のコイン)GGM0.073115JPY0JPY2.8.1.チャットボーナス/キャンペーン

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

以上、Bybitのカスタムファイル作成が必要な取引履歴の説明でした。

Bybitのカスタムファイル作成が必要な取引の種類まとめ

まとめると、Bybitでは、以下の取引の種類でカスタムファイル作成が必要です。

  • Bybitのトランザクション手数料(送金手数料)
  • Bybit Affiliatesのキャンペーン
  • Bybitのエアドロップ
  • Bybitのローンチパッド
  • BybitのByFi ローンチプール
  • BybitのByFi 積立ステーキング
  • BybitのByFi DeFiマイニング
  • Bybitのアフィリエイト報酬(サブカテゴリー未対応のコイン)

Bybitでは、カスタムファイル作成が必要な取引履歴は多岐にわたり、いろいろな取引をした人にとっては、損益計算のハードルが高いです。

抜けがないようにカスタムファイルを作成しましょう。

Bybitの取引履歴ファイルのダウンロード方法は、以下のリンクをご参照ください。

Bybitの取引履歴ファイルのダウンロード方法

GMOコインのカスタムファイル作成が必要な取引履歴

GMOコインのカスタムファイル作成が必要な取引履歴は、「貸暗号資産」です。

GMOコイン貸暗号資産の貸借料

GMOコイン貸暗号資産の貸借料は、クリプタクトにアップロード可能な取引履歴に含まれないので、カスタムファイルの作成が必要です。

GMOコイン貸暗号資産の貸借料のカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2021/09/15 10:10:13LENDINGGMOコイン 貸暗号資産 貸借料BTC0.03780821JPY0JPY2.9.貸コイン

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

GMOコインの取引履歴ファイルのダウンロード方法は、以下のリンクをご参照ください。

GMOコインの取引履歴ファイルダウンロード方法

Coinbaseのカスタムファイル作成が必要な取引履歴

Coinbaseのカスタムファイル作成が必要な取引履歴は、「学んで獲得(Coinbase Earn)」、「友だちを招待(Coinbase Referral)」です。

Coinbaseの学んで獲得・友だちを招待

Coinbaseの学んで獲得・友だちを招待は、クリプタクトにアップロード可能な取引履歴に含まれないので、カスタムファイルの作成が必要です。(自動対応不可)

Coinbaseの学んで獲得・友だちを招待のカスタムファイル作成方法は、以下のとおりです。

TimestampActionSourceBaseVolumePriceCounterFeeFeeCcyComment
2021/08/20 20:52:00BONUSCoinbaseXLM5.36944460JPY0JPY2.8.1.チャットボーナス/キャンペーン

Sourceは、任意のデータソース名(取引所名や商品名など)を入力。

Commentは、任意のコメントを入力します。(省略可)

Coinbaseの取引履歴ファイルのダウンロード方法は、以下のリンクをご参照ください。

Coinbase Japan の取引履歴のダウンロード方法

Zaifのカスタムファイル作成が必要な取引履歴

Zaifのカスタムファイル作成が必要な取引履歴は、「Zaifコイン積立」です。

Zaifコイン積立

Zaifコイン積立は、クリプタクトにアップロード可能な取引履歴に含まれないので、カスタムファイルの作成が必要です。

Zaifコイン積立は、以下の記事の方法を参考にさせていただきました。

5分で完了!tax@cryptact(クリプタクト)にZaifコイン積立のデータを取り込む方法

Zaifの取引履歴ファイルのダウンロード方法は、以下のリンクをご参照ください。

Zaif(ザイフ)の取引履歴ファイルダウンロード方法

まとめ

【2022年現在】クリプタクトでカスタムファイル作成が必要な取引履歴について解説しました。

私が2017年から2022年に使った仮想通貨取引所9つのうち、5つの取引所でカスタムファイル作成が必要でした。

とくにBybitでは、カスタムファイル作成が必要な取引履歴が8種類(私の場合)もあったので、Bybitを使っている人でクリプタクトの保有残高と実際の保有残高が合わない人は、カスタムファイルに抜けている取引履歴はないか、チェックしてみてください。

クリプタクトにすべての取引所の取引履歴と必要な取引履歴を記載したカスタムファイルをアップロードすると、保有残高がピタリと合って気持ちいいですよ。

たくさんの仮想通貨取引所を使っていると、クリプタクトなしには仮想通貨の損益計算は不可能と言っていいくらい複雑なので、ぜひ、クリプタクトを試してみてください。

クリプタクトのカスタムファイルのフォーマットは、以下のリンクからダウンロードできます。

カスタムファイルの作成方法

仮想通貨取引所 おすすめランキング【2022年】

2022年現在、おすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)」は、使いやすく取引銘柄数も多い仮想通貨取引所です。

仮想通貨の取扱銘柄数は153種類。(2022年9月12日現在)

現物取引、デリバティブ取引、資産運用などができる総合的な仮想通貨のプラットフォームです。

新規上場トークンをBITで購入できるローンチパッド、ステーキングで新トークンを獲得できるローンチプールもあります。

本格的に仮想通貨の取引や資産運用をしたい人にオススメです。

\こちらから登録でボーナスをゲット!/

Bybitの紹介コードが必要な方は、紹介コード「992」をお使いください。

上の紹介リンクをクリックすると、紹介コードが自動で入力されます。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)」は、世界最大の仮想通貨取引所です。

仮想通貨の取扱銘柄数は534種類。(2022年9月12日現在)

現物、マージントレード、デリバティブなど多彩な取引ができます。また、ローンチパッド、ローンチプール、ステーキング、ファーミングなど、様々な収益を得ることができます。

世界最大の取引量を誇る取引所なので、仮想通貨投資をするならまず登録しておきましょう。

\世界最大の仮想通貨取引所/

Binanceの招待IDが必要な方は、招待ID「20768625」をお使いください。

上記の招待リンクをクリックすると、招待IDが自動で適用されます。

GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループの日本国内の仮想通貨取引所です。

日本円、仮想通貨(暗号資産)の入出金手数料が無料

簡単に仮想通貨の取引ができる販売所の他に、手数料が安い取引所もあります。

つみたて暗号資産、貸暗号資産、IEOなどのサービスもあります。

日本の大手企業を親会社に持つ国内の仮想通貨取引所なので安心です。

\日本円・暗号資産の入出金手数料が無料!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました