【クリプタクト損益計算用】Bybit取引履歴ダウンロード方法(現物・デリバティブ・ByFiアカウント)【仮想通貨の確定申告】

【クリプタクト損益計算用】Bybit取引履歴ダウンロード方法仮想通貨(暗号資産)

クリプタクト(Cryptact)Bybitの損益計算をするためには、複数の取引履歴をダウンロードする必要があります。

クリプタクトで損益計算できるBybitの取引履歴には、以下の4種類があります。(2022年2月9日現在)

  • 現物アカウントの取引履歴
  • デリバティブアカウントの取引履歴
  • ByFiアカウント(Earnアカウント)の取引履歴
  • アフィリエイト報酬の履歴

このうち、API連携に対応した取引履歴は、現物アカウントのみです。(2022年3月10日にデリバティブ取引にも対応)

その他は、Bybit取引所からエクスポート、またはカスタムファイルを作成する必要があります。

この記事では、クリプタクト損益計算用のBybit取引履歴ダウンロード方法について解説します。

Bybitでクリプタクトのカスタムファイル作成が必要な取引は、以下の記事にまとめました。

クリプタクトでのBybit取引履歴の対応状況

クリプタクトでは、Bybitの以下の4種類の取引履歴に対応しています。(2022年2月9日現在)

取引履歴の種類対応状況
現物アカウントAPI連携・トレード履歴のダウンロード(2022年3月3日より対応)
デリバティブアカウントダウンロード・API連携(2022年3月10日より対応)
ByFiアカウント(Earnアカウント)未対応(カスタムファイル作成)
Bybitアフィリエイト報酬Bybit Affiliatesからダウンロード

それぞれの取引履歴のダウンロード方法を解説していきます。

Bybitの現物アカウント取引履歴をクリプタクトにAPI接続する方法

クリプタクトでBybitとAPI接続して取得できる取引履歴は、現物アカウントのみです。(2022年3月10日にデリバティブ取引にも対応)

API接続のメリットは、取引履歴が増えるたびに、取引所から取引履歴をダウンロードしなくても、「同期する」ボタンをクリックするだけで、クリプタクトに最新の取引履歴を取り込めることです。

クリプタクトとBybitをAPI連携する方法は、以下の記事をご参照ください。

Bybitのデリバティブアカウント取引履歴をダウンロードする方法

Bybitのデリバティブアカウント取引履歴は、Bybitからエクスポートできるようになりました。(2021年12〜2022年1月ごろ)

以前は、運営にメールでリクエストを送らないと取引履歴を取得できませんでした。

デリバティブアカウントの取引履歴をダウンロードする方法は、以下のとおりです。

Bybitにログインし、右上の「注文および取引」にカーソルを合わせ、表示されたメニューから「デリバティブ注文」をクリックします。

Bybitデリバティブアカウントの取引履歴をダウンロードする方法

左メニューから「実現損益」をクリックし、「インバース無期限・USDT無期限契約・インバース型先物」から取引の種類を選択し、「エクスポート」をクリックします。

Bybitデリバティブアカウントの取引履歴をダウンロードする方法

「範囲を選択する」で日付を指定し、「今すぐ」エクスポートをクリックします。

Bybitデリバティブアカウントの取引履歴をダウンロードする方法

カスタマイズで指定できる日付の範囲は、最大3か月です。全期間の取引履歴ファイルを取得するのにはかなり手間がかかります。

あらかじめ、前の画面で日付で検索して、取引履歴がある期間だけエクスポートするとよいでしょう。検索だけなら、3か月以上の期間で取引履歴を表示することが可能です。

BybitのByFiアカウント(Earnアカウント)取引履歴はダウンロードできないのでカスタムファイル作成で対応

BybitのByFiアカウントの取引履歴は、ダウンロードに対応していません。(2022年2月8日現在)

履歴画面をコピペして、自分でカスタムファイルを作成する必要があります。

ByFiアカウントの履歴の表示方法は、以下のとおりです。

Bybitにログインし、右上の「資産」にカーソルを合わせ、ByFiアカウントをクリックします。

Bybit ByFiアカウントの取引履歴はダウンロードできない(カスタムファイルで対応)

右上の「履歴」をクリックします。

Bybit ByFiアカウントの取引履歴はダウンロードできない(カスタムファイルで対応)

ByFiアカウントの履歴が表示されるので、クリックしたままカーソルを動かし、コピーしたい部分を選択してコピーします。

Bybit ByFiアカウントの取引履歴はダウンロードできない(カスタムファイルで対応)

あとは、エクセルなどに貼り付けて、カスタムファイルを作成します。

BybitのByFiアカウント(Earnアカウント)取引履歴のカスタムファイル作成方法は、以下の記事にまとめました。

クリプタクトのカスタムファイルのフォーマットは、以下のリンクからダウンロードできます。

クリプタクトのカスタムファイルの作成方法

Bybitアフィリエイト報酬履歴のダウンロード方法

Bybitアフィリエイト報酬履歴をエクスポートする方法は以下の記事をご参照ください。

報酬履歴には、「現物」「契約」「ByFi」の3種類があります。それぞれ、エクスポートできる資産(コイン)の数が異なります。

まとめ

クリプタクト損益計算用のBybit取引履歴ダウンロード方法について解説しました。

クリプタクトで損益計算できるBybitの取引履歴は以下の4種類です。

  • 現物アカウントの取引履歴
  • デリバティブアカウントの取引履歴
  • ByFiアカウント(Earnアカウント)の取引履歴
  • アフィリエイト報酬の履歴

それぞれ、違う方法で取引履歴ファイルをダウンロード・API連携しなければならないので手間がかかります。

クリプタクトでは、2021年から2022年にかけて、Bybit現物アカウントのAPI接続対応、デリバティブアカウントのエクスポートファイルのアップロードに対応、Bybitアフィリエイト報酬履歴のアップロードに対応、と次々にBybitの新しい取引履歴に対応しています。

仮想通貨の確定申告のための損益計算は、自力ではほとんど不可能に近いので、クリプタクトのようなサービスは社会的意義があり、本当に素晴らしいと思います。

私はDeFi取引にも対応している、アドバンスプラン(年額55,000円)を契約していますが、自分で計算をする手間を考えると十分に元が取れると思います。

ぜひ、この機会にクリプタクトを試してみてください。

【2022年版】仮想通貨取引所おすすめランキング

おすすめの仮想通貨取引所を紹介します。(2022年現在)

Bybit(バイビット)

仮想通貨の現物取引・デリバティブ取引をするなら「Bybit」がおすすめです。

サーバーが強くて注文が通りやすい。使いやすいUI(ユーザーインタフェース)で仮想通貨トレーダーに人気の取引所です。便利なアプリもあります。

BitDAO(BIT)を保有していれば、IEO(ローンチパッド)に参加できます。

ByFiセンターでは、仮想通貨を預けて増やすことができます。

2021年からは40種類以上の仮想通貨の現物取引もできるようになりました。

\取引体験やキャンペーンでボーナスをゲット!/

Bybitの紹介コードが必要な方は、紹介コード「6BoK7」をお使いください。

上のリンクから登録の場合は、紹介コードを入力しなくても大丈夫です。

キャンペーンやボーナスの内容は時期によって異なります。

Bybitの登録方法・紹介コード・キャンペーンは、以下の記事をご覧ください。

FTX(エフティーエックス)

2021年最も勢いのある仮想通貨取引所が「FTX」です。

取引所トークンのFTT、SolanaブロックチェーンのSOLを取引可能。

FTXのIEO銘柄の多くが高騰し、ATLASが120倍になったことでも話題になりました。

仮想通貨のレンディングやステーキング、NFTなど様々な稼ぎ方ができ、仮想通貨をやるなら登録必須の取引所です。

FTX.comは、2022年4月4日午前9時(東京時間)をもって、FTX Japanに移行しました。 登録画面で「Registrations from Japan are not allowed」とメッセージが表示されますが、登録はできるみたいです。

\こちらから登録で手数料がずっと5%割引でお得!/

FTXの手数料5%割引を受けるには、リファラルコード(紹介コード)「2987466」をご使用ください。

リンクをクリックし、登録画面で手数料5%OFFが適用されていることをご確認ください。

FTXの登録方法(手数料5%割引)は、以下の記事をご覧ください。

Binance(バイナンス)

アルトコイン現物の取引は「Binance」がおすすめです。

取引所トークンのBNBがDeFiで注目を集め、年初から約10倍になりました。

2021年にイーロン・マスクのツイートで高騰したDOGEも取引可能です。

アルトコインの取り扱い数が多く、現物・デリバティブともに仮想通貨の取引高世界一の取引所です。

招待ID(招待リンク)が必要な方は「20768625」をご利用ください。

上記のリンクをクリックした場合、自動で入力されます。

バイナンスの登録方法は、以下の記事をご覧ください。

コメント

「仮想通貨」の正式名称は「暗号資産」です。

タイトルとURLをコピーしました