Gtaxの使い方・評判|Cryptactとの比較【仮想通貨・損益計算ソフト】

仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax」の使い方・評判仮想通貨(暗号資産)

Gtax」は、仮想通貨の損益計算ができるオンラインのツールです。

仮想通貨(暗号資産)の取引をしていると、気になるのが確定申告の損益計算をどうするのかということです。

自分でExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算ソフトで損益計算をしようとすると、複雑すぎて挫折してしまった人も多いのではないでしょうか。

Gtaxを利用すると、各仮想通貨取引所の取引履歴を取り込むだけで、簡単に損益計算をしてくれます。

しかも、個人の損益計算での利用は無料です。(税理士版や会計ソフトの仕訳データの作成は有料)

この記事では、Gtaxの新規登録から、使い方・使ってみた感想を紹介します。また、私が以前から使っているCryptact(クリプタクト)との比較もしてみます。

Gtaxの新規登録方法(1分で完了)

Gtaxの公式サイトにアクセスし、「メールアドレス」「パスワード」を入力、「利用規約に同意」にチェックを入れ、「新規登録(無料)」をクリックします。

Gtax_仮想通貨の確定申告をシンプルに

登録確認メールが送信されます。メール内のURLをクリックし、本登録を完了させます。

会員登録はこれだけで完了です。「ログイン」をクリックしてログインします。

仮想通貨の損益計算ソフト_Gtax___仮想通貨の確定申告をシンプルに

Gtaxの使い方(仮想通貨の損益計算)

Gtaxに取引所の取引履歴をアップロードしていきます。

上部メニューの「データ取り込み」を選択し、「取引所を選択する」をクリックします。

仮想通貨の損益計算ソフト_Gtax___仮想通貨の確定申告をシンプルに

取引所の選択画面が表示されるので、取引所を選択し、「確定する」をクリックします。

仮想通貨の損益計算ソフト_Gtax___仮想通貨の確定申告をシンプルに

選択した取引所のファイルアップロードメニューが表示されるのでクリックし、取引所から取得した取引履歴ファイルをアップロードします。

仮想通貨の損益計算ソフト_Gtax___仮想通貨の確定申告をシンプルに

すべての取引所の取引履歴をアップロードします。(すべての取引所のデータを取り込んでからでないと、正確な計算ができない場合があります)

GtaxにアップロードしたBitMEXの取引履歴の時間がずれている?

海外の仮想通貨取引所BitMEXの取引履歴をアップロードしたところ、日時がおかしくなっていることに気づきました。

こちらはGtaxに取り込んだBitMEXの取引履歴です。

仮想通貨の損益計算ソフト_Gtax___仮想通貨の確定申告をシンプルに

そして、同じ取引のBitMEXの取引履歴がこちらです。

残高_-_BitMEX
  • Gtaxの取引履歴:2019年12月22日 06:01:00
  • BitMEXの取引履歴:2019年12月21日 21:01:00

以上のように、Gtaxに取り込んだ取引履歴は、9時間進んでいます。

この影響か、Gtaxの画面上には、「計算に必要な履歴が足りません」と表示され、カーソルを当てると「2018-12-31 03:22:10 btc の保有残高がマイナスの既定値を超えました。」とエラーメッセージが表示されます。

Gtax_エラーメッセージ

このため、取引所にBitMEXを使っている場合は、現在のところGtaxで正しく損益計算ができない可能性があります。(2019/12/23 現在)

Gtaxサポートセンターに問い合わせたところ、Bitmexの取引履歴は、UTCという日本より9時間遅い時間で日時の表記がされているため、Gtaxにアップロードした際に9時間を足して、自動で日本時間に修正する処理を行っているとの回答でした。

ただし、Bitmexでは現在、日本の環境でダウンロードした場合、もともと日本時間になっているため、手動でUTCに変更してから、Gtaxにアップロードする必要があります。(2019/12/24 現在)

GtaxとCryptactの違い

仮想通貨(暗号資産)の損益計算で有名なサービスには、Cryptact(クリプタクト)があります。

私はもともとCryptactを使っていたので、GtaxとCryptactを比較してみます。

ちなみにどちらも無料で使えるので、どちらが使いやすいか実際に比べてみるのがいいでしょう。

GtaxCryptact
対応済コイン数1,000以上2,800以上
対応取引所数35社33社
利用者数70事業所3万人超
価格データ1分ごと1分おき
サポート体制ヘルプページ、メールヘルプページ、メール
税理士紹介Guardian基本料金:60,000円
申告オプション:20,000円〜
(上限15万円)
損益が150万円未満:8〜15万円
損益が150万円以上:固定料金15万円

(2019/12/24 現在、公式サイト調べ)

どちらも個人では無料で使えますが、サポートにメールで問い合わせてみたところ、とても丁寧な返事がすぐに返ってきて驚きました。

GtaxとCryptactを実際に使ってみた感想

私はGtaxとCryptact両方のサービスに登録し、使っているすべての取引所の取引履歴をアップロードしました。

Cryptactでは、2018年まではコイン毎の保有残高が、実際の保有残高とピッタリ合っていたのですが、2019年12月現在、0.00248303 BTCだけCryptactの残高が少なくなっていて、原因を調査中です。

誤差は小さいとはいえ、合っていないと気持ち悪いのと、来年以降もずっとズレていくので気になっています。

一方、Gtaxは、上でも書いたように、Bitmexの取引履歴が9時間足されてアップロードされてしまうため(日付フォーマットがUTCを想定しているため)、正しく計算できませんでした。

「計算に必要な履歴が足りません」とエラーメッセージが表示されます。

このためGtaxでは、Bitmex取引所を使っている場合は、CSVファイルの日付フォーマットをUTCに手動で変更して(9時間遅らせる)アップロードする必要があるので注意が必要です。

また、Cryptactは2019年8月からCoincheckの取引履歴の新フォーマットに対応しましたが、Gtaxでは対応していないため、複数のファイルをアップロードする必要があります。(2019/12/24 現在)

まとめ

仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax」の使い方・使ってみた感想と「Cryptact」との比較を紹介しました。

複数の取引所を使っていたり、取引回数が多い人は、複数の取引所にわたる仮想通貨の損益計算をExcelなどで手作業で正しく計算するのは不可能に近いです。

GtaxやCryptactは、取引履歴をアップロードするだけで、自動で損益計算をしてくれて、しかも、個人は無料で使えるので、使わない手はありません。

サポートも無料とは思えないくらいしっかりと対応してくれます。

ただし、取引所ごとにCSV取引履歴のフォーマットが違ったりして、すべての取引履歴をアップロードしたつもりでも、保有残高が合わなかったり、なかなか大変です。

確定申告のギリギリから作業を始めると、間に合わない可能性がありますので、できるだけ早くGtaxやCryptactに登録して、仮想通貨の損益計算の作業を始めることをオススメします。

おすすめ仮想通貨(暗号資産)取引所
Bybit___USDT_エアドロップ企画2

注文が通りやすい。最大100倍レバレッジ・追証なし。
とにかく優れたUIで操作がしやすい。BitMEXの上位互換。

◎最大100倍のレバレッジ
◎注文がサクサク通る
◎追証なし
◎ボーナスがもらえるキャンペーンが豊富
◎使いやすいスマホアプリ

サービス開始:2018年
本社の場所:シンガポール

紹介コード「6BoK7

※リンクから登録の場合、紹介コードの入力は不要です。

FTX_仮想通貨取引所_手数料5%割引で登録

豊富な商品ラインナップ。
クオンツゾーンで自動取引。
BitMEXの乗り換え先として注目。

◎最大101倍のレバレッジ
◎追証なし
◎Quant Zoneで自動売買
○レバレッジトークン、アルトコインのインデックス先物など独自の商品
◎手数料5%割引

サービス開始:2019年4月
本社の場所:アンティグア・バーブーダ(カリブ諸島の国)

紹介コード「2987466

以下のリンクから登録すると、手数料5%割引

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引ならGMOコイン

あらゆる手数料が無料。
日本円でのビットコイン購入・ビットコインの入出金におすすめ。

◎ほとんどの手数料が無料
×最大レバレッジ4倍
◎見やすい暗号資産FX専用アプリがある(ビットレ君)
○日本円の入出金が可能
○仮想通貨を日本円で取引できる

サービス開始:2017年
本社の場所:日本

仮想通貨(暗号資産)
Mをフォローする
仮想通貨(暗号資産)ビットコインFXの始め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました