「“FileZilla.app”を開くとコンピュータが破損します。ゴミ箱に入れる必要があります。」と表示され開けない|解決策【MacOS 10.15.3】

FileZillaが開かない_予期しない理由で終了!?アプリ

FileZillaをMacで起動しようとすると、「“FileZilla.app”を開くとコンピュータが破損します。ゴミ箱に入れる必要があります。」「FileZillaが予期しない理由で終了しました。」とエラーメッセージが表示され、開かなくなりました。

MacOS 10.15.3にアップデートしたことが原因だと思われます。

同じようにMacOSをアップデートして、FileZillaが起動しなくなって困っている人もいるかと思いますので、解決方法を紹介します。

FileZilla.appのバージョンを最新にする

FileZilla.appのバージョンが最新になっているか確認しましょう。

Finderを立ち上げて、「アプリケーション」から「FileZilla.app」を選択します。

上部の表示形式からバージョンが確認できる右の2つのどちらかを選ぶと、右側にバージョンが表示されます。

FileZillaのバージョン確認

私の場合、FileZillaのバージョンは「3.45.1」でした。

FileZillaの公式サイトへ行き、最新バージョンをダウンロードします。

現在の最新バージョンは「3.46.3」です。(2020/01/31 現在)

「Download FileZilla Client」をクリックし、ポップアップの「Download」ボタンをクリックします。

Download_FileZilla_Client_for_Mac_OS_X

ダウンロードした最新版のFileZillaをインストールしましょう。

無事にFileZilla.appをMacOS 10.15.3にアップデートしたMacBookで開くことができました。

まとめ

FileZillaがMacOS 10.15.3にアップデートしたら開けなくなって焦りましたが、アプリを最新版にすると無事に起動しました。

このように、MacOSのアップデートをすると、使えなくなるアプリがちょいちょいありますが、最新版に更新すると使えるようになることも多いので、落ち着いて対応しましょう。

ちなみに、前回macOS Catalinaにアップデートしたときには、Office Excel 2011が使えなくなりました。このときは、Excel 2019を買うしかありませんでしたが、今回はアプリをアップデートするだけで解決できたのでよかったです。

コメント

  1. chiki より:

    原因が分からず困っていました。この記事で解決しました。ありがとうございました。

  2. にゃ〜ご より:

    ありがとうございました。聞く人居ないので大変助かりました!

「仮想通貨」の正式名称は「暗号資産」です。

タイトルとURLをコピーしました