GMOコイン貸暗号資産のやり方・メリット・デメリット|現在できない?【最大年率3%】

GMOコイン貸暗号資産やり方・メリット・デメリット仮想通貨(暗号資産)

GMOコイン貸暗号資産とは、仮想通貨を貸し出して増やすサービスです。

GMOコインに口座を持っている人なら誰でも簡単にビットコイン、アルトコインを貸し出して貸借料が受け取れます。

ビットコインを長期保有している場合、ただ持っているだけでは、ビットコインの日本円に対する価値は上下しますが、ビットコインの枚数自体は増えません。

すぐに売るつもりのないビットコインを持っているのなら、GMOコインの貸暗号資産で貸し出して増やすことができます。

という私もいままでビットコインをただ持っているだけで、レンディング(貸仮想通貨)などのサービスを利用していませんでした。

さすがにこのままでは、本来受け取れるはずの利益を放棄している状態でもったいないと思い、重い腰を上げて、仮想通貨を増やすサービスを利用してみることにしました。

この記事では、GMOコイン貸暗号資産のやり方・メリット・デメリットなどについて解説します。

\2021年4月ビットコイン出来高が国内No.1/

GMOコイン貸暗号資産のコースは2種類

GMOコイン貸暗号資産のサービスはとてもシンプルです。

  • 年率3%コース(3ヶ月)
  • 年率1%コース(1ヶ月)

すべての仮想通貨において、貸出期間3か月の「年率3%コース」と貸出期間1か月の「年率1%コース」があります。

受付時間は、24時間365日随時受け付けていますが、ビットコインの場合、100 BTC / 月の最大貸出数量が決まっています。

月の貸出数量が100 BTCを超えると、新規の受付はできません。

その場合は、空きが出るのを待ちましょう。

どれくらいの貸借料がもらえるの?

貸借料は貸し出した仮想通貨でもらえるため、そのときの仮想通貨のレートによって異なります。

こちらのページでシミュレーションができます。

貸暗号資産___ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

たとえば、2021年5月16日現在、1 BTCを「年率3%コース(3ヶ月)」で貸し出した場合、償還時に受け取れる賃借料は、0.00739726 BTC(38,342円相当)です。

1か月に直すと、約12,780円になります。

1BTCを預けるだけで、1か月に1万円以上を貸借料として受け取れるのは大きいですね。

お金がお金を産むというのはこのことだと思いました。

GMOコイン貸暗号資産ができない?

貸暗号資産の貸出画面で「現在、受付しておりません」と表示される場合は、新規受付をしていません。

GMOコイン_貸暗号資産

その場合は、最大貸出数量に空きが出て、受付が再開されるのを待ちましょう。

GMOコインの貸暗号資産のページに「毎月15日(土日祝の場合は翌営業日)の6:00より翌月15日貸出開始の貸暗号資産の受付を開始します。」と記載されています。

2021年5月17日(月)6:00に受付が再開されないかと待ち構えていたのですが、残念ながら再開されませんでした。

空きが出るまで、必ず毎月募集があるとは限らないようですね。

こまめに貸暗号資産ページをチェックして、受付していないか確認するしかないようです。

2021年6月1日追記:

ビットコインの貸出が再開されていました。月初は狙い目かもしれませんね。

ビットコイン、リップル、ネム、ベーシックアテンショントークン、オーエムジー、クアンタム、エンジンコイン、ポルカドットが受付していました。(6月1日18:30現在)

貸暗号資産-貸出___GMOコイン (1)

GMOコイン貸暗号資産の貸出手順

GMOコイン貸暗号資産の貸出手順はとても簡単です。

GMOコインにログインし、「貸暗号資産」をクリックします。

会員ホーム___GMOコイン

貸し出したい仮想通貨を選んで、「貸出」をクリックします。

貸暗号資産-貸出状況___GMOコイン

貸出数量を入力し、貸出期間を選択して「確認画面へ」をクリックします。「償還時に同じ条件で再貸出をする」にチェックを入れておけば、同じ条件で自動で再貸出をすことができます。

貸暗号資産-貸出___GMOコイン

申し込み内容の確認がポップアップで表示されるので、「貸暗号資産サービス約款に同意する」にチェックを入れて、「貸出する」をクリックします。

貸暗号資産-貸出___GMOコイン

申込が完了しました。15日に口座残高から仮想通貨が引き落とされます。

貸暗号資産-貸出___GMOコイン

以上、GMOコイン貸暗号資産の貸出手順の説明でした。

GMOコイン貸暗号資産のメリット・デメリット

最後にGMOコイン貸暗号資産のメリット・デメリットも解説しておきます。

GMOコイン貸暗号資産のメリット

  • 眠っている仮想通貨を貸し出すことで最大年率3%の貸借料を受け取れる
  • 貸出期間・貸出数量を自分で選べる
  • 貸出期間が3か月・1か月なので、長期間資金がロックされない
  • 年率3%(3か月)と0.001%の普通預金金利の3,000倍の金利
  • 東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社なので安心

GMOコイン貸暗号資産のデメリット

  • 貸出時よりも仮想通貨の価格が下落することにより損失のおそれ
  • 会社が破綻した場合など、仮想通貨が返却されないリスクがある
  • 預金保険・分別管理の対象外
  • 貸出期間中、資金がロックされる
  • 中途解約の場合、償還時に受取予定の貸借料の10%の中途解約手数料がかかる

年率3%コース(3ヶ月)では、0.001%の普通預金金利に比べて、なんと3,000倍の金利がつきます(笑)

また、貸出期間も3か月・1か月から選べるので、長期間資金がロックされることもありません。

ただし、預金保険・分別管理の対象外なので、もしGMOコインが破綻などした場合は、仮想通貨が返却されないリスクもあることには注意しましょう。

なので、運営会社の業績はしっかりチェックしておく必要があります。

GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社なので安心感がありますね。

ただし、仮想通貨は価格変動が激しく、絶対安全とは言えないのでしっかりリスクを理解したうえで貸暗号資産を利用しましょう。

まとめ

GMOコイン貸暗号資産のやり方・メリット・デメリットを解説しました。

貸暗号資産は、1か月または3か月の間、仮想通貨を貸し出すことで金利を受け取れるサービスです。

ビットコインの未来を信じ、長期保有を決めているなら、ただ持っておくだけでなく、貸し出すことで保有枚数を増やすことができます。

私も昨年まではそんなに保有枚数も多くはなく、貸し出しても金銭的メリットが少なかったのですが、仮想通貨バブルでビットコインの価値が上昇したことから、ビットコイン数枚でも貸暗号資産で貸し出すことで結構な金利を受け取れることがわかりました。

DeFiなど貸暗号資産よりももっとAPY(年間利回り)の高い運用方法もありますが、その分リスクも高くなるので、まずは比較的リスクの低い貸暗号資産からはじめてみましょう。

\2021年4月ビットコイン出来高が国内No.1/

2021年現在、オススメの仮想通貨取引所は以下です。

ビットコインFX(レバレッジ取引)をするなら、「Bybit」がオススメです。

\取引体験やキャンペーンでボーナスをゲット!/

Bybitの紹介コードが必要な方は、紹介コード「6BoK7」をお使いください。

上のリンクから登録の場合は、紹介コードを入力しなくても大丈夫です。

キャンペーンやボーナスの内容は時期によって異なります。

アルトコイン現物やDeFiで注目の取引所トークンBNBの取引なら「Binance」がオススメです。

招待ID(招待リンク)が必要な方は「20768625」をご利用ください。

上記のリンクをクリックした場合、自動で入力されます。

ビットコイン・アルトコインの先物や独自のレバレッジトークン、取引所トークンFTTなど、豊富な商品が魅力の「FTX

手数料5%割引を受けたい方は、紹介コード(Referral code)「2987466」をお使いください。

上のリンクをクリックし、登録画面で割引が適用されていることをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました