仮想通貨レンディング1か月で得られた金利は?GMOコイン貸暗号資産・FTXレンディング・Bybitローンチプール【2021年10月分】

仮想通貨レンディング1か月で得られた金利は?仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨(暗号資産)のレンディングで得られた2021年10月分の金利を発表します。

仮想通貨投資は値動きが激しくて株式投資よりも危険だ、と思われている方も多いと思います。

たしかに、仮想通貨を売ったり買ったりして差額を取るトレードは難しく、それなりにリスクも大きいです。

しかし、仮想通貨投資には、トレーディングだけでなくいろいろな方法があります。

その一つであるレンディンング(貸暗号資産)は、値動きを気にすることなく、仮想通貨を貸し出すことで金利を得ることができます。

この記事では、仮想通貨(暗号資産)のレンディングで1か月どれくらいの金利がもらえたのかを解説します。

GMOコイン貸暗号資産の金利

GMOコインの貸暗号資産は、暗号資産(仮想通貨)を貸し出すことで、貸し出した暗号資産(仮想通貨)の数量に応じた貸借料を受け取れるサービスです。

受け取れる貸借料は、GMOコインの公式サイトのシミュレーションで確認できます。

たとえば、年率3%コース(3ヶ月)で5 BTCを貸し出した場合、償還時に受け取れる貸借料は0.03698630 BTC(253,122円相当)です。(2021年11月2日現在)

GMOコイン貸暗号資産の金利

これは3か月分の賃借料なので、1か月分にすると84,374円です。

実際は、貸借料を受け取った時点のビットコインのレートで金利を計算すべきなのですが、10月は受け取り日ではないため、上記を10月に受け取った金利として計算します。

FTXレンディングの金利

FTXでは、保有しているコインをレンディングすることで、1時間ごとに金利を得ることができます。

FTXレンディングの金利

FTXレンディングで2020年10月に得た金利は以下のとおりです。

CoinLending Size10月分の金利日本円換算
USD Tether (USDT)49,922.09413000 USDT369.80839611 USDT41,459円
Bitcoin (BTC)2.00617300 BTC0.00243214 BTC17,060円
合計58,519円
「三菱UFJリサーチ&コンサルティング | 外国為替相場 | 月末・月中平均の為替相場」の月中平均TTBで円換算

FTXレンディングで1か月で受け取った金利は、58,519円でした。

あと、FTXではUSDもレンディングしていますが、少額なので今回の計算には含んでいません。

Bybitローンチプールの金利

Bybitのローンチプールでは、保有資産を預け入れると、新たなトークンを受け取ることができます。

Bybitローンチプールの金利

2021年10月にBybitローンチプールで受け取った金利は以下のとおりです。

プロダクト預入資産10月分の金利日本円換算
BIT Pool V113,085.85 + 102.76 BIT102.76 + 38.27 – 13.14 = 127.89 BIT39,390円
BIT Pool V213,226.88 + 103.74 BIT103.74 + 4.48 = 108.22 BIT33,331円
合計236.11 BIT72,721円
(Bybitの10月31日のBIT/USDTの終値、1BIT = 2.748 USDT = 308円で換算)

Bybitローンチプールで1か月で得られた金利は、72,721円でした。

これだけの金利をもらえたのは、BybitでBITのローンチプールが開始されて第一弾・第二弾だったので、ボーナスタイムで金利が高かったためです。

ステーキング総額が増えていくにしたがって利回りも下がってきているので、今後もこの報酬が貰い続けられることはなさそうです。

GMOコイン貸暗号資産・FTXレンディング・Bybitローンチプールの金利1か月分の合計は?

GMOコイン貸暗号資産・FTXレンディング・Bybitローンチプールで受け取った1か月分の金利の合計は以下のとおりです。

場所10月の金利
GMOコイン貸暗号資産84,374円
FTXレンディング58,519円
Bybitローンチプール72,721円
合計215,614円

2021年10月に受け取った金利の合計は、215,614円でした。

Bybitローンチプールが始まったばかりで金利が高かったこともありますが、1か月で20万円以上の金利を得られたことは、自分でも計算してはじめてわかって驚きました。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)のレンディングで1か月どれくらいの金利がもらえたのかを解説しました。

1か月で合計215,614円の金利を獲得することができました。

なぜこの記事を書こうと思ったのかというと、「仮想通貨は値動きが激しいから投資するのは危険だ」と思っている人に、仮想通貨は値幅を取る以外にもいろいろな稼ぎ方があることを知ってほしかったからです。

たしかに、レンディングにはカウンターパーティーリスク(取引所が倒産するなどのリスク)がありますが、銀行の普通預金の何倍もの金利を得ることができます。

仮想通貨には、レンディングの他にもIEO・IDOに参加する、DeFiでの流動性の提供など、トレード以外にもたくさんの稼ぐ方法があります。

ただよくわからない、怖いからという理由でスルーしてしまっては、非常にもったいないと思います。

仮想通貨はまだ新しい分野でチャンスもたくさんあるので、ちゃんと勉強して投資する価値は、十分あると思います。

一緒に勉強をして、資産を増やして自由に生きられるよう頑張っていきましょう!

仮想通貨取引所 おすすめランキング【2022年】

2022年現在、おすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)」は、使いやすく取引銘柄数も多い仮想通貨取引所です。

仮想通貨の取扱銘柄数は153種類。(2022年9月12日現在)

現物取引、デリバティブ取引、資産運用などができる総合的な仮想通貨のプラットフォームです。

新規上場トークンをBITで購入できるローンチパッド、ステーキングで新トークンを獲得できるローンチプールもあります。

本格的に仮想通貨の取引や資産運用をしたい人にオススメです。

\こちらから登録でボーナスをゲット!/

Bybitの紹介コードが必要な方は、紹介コード「992」をお使いください。

上の紹介リンクをクリックすると、紹介コードが自動で入力されます。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)」は、世界最大の仮想通貨取引所です。

仮想通貨の取扱銘柄数は534種類。(2022年9月12日現在)

現物、マージントレード、デリバティブなど多彩な取引ができます。また、ローンチパッド、ローンチプール、ステーキング、ファーミングなど、様々な収益を得ることができます。

世界最大の取引量を誇る取引所なので、仮想通貨投資をするならまず登録しておきましょう。

\世界最大の仮想通貨取引所/

Binanceの招待IDが必要な方は、招待ID「20768625」をお使いください。

上記の招待リンクをクリックすると、招待IDが自動で適用されます。

GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループの日本国内の仮想通貨取引所です。

日本円、仮想通貨(暗号資産)の入出金手数料が無料

簡単に仮想通貨の取引ができる販売所の他に、手数料が安い取引所もあります。

つみたて暗号資産、貸暗号資産、IEOなどのサービスもあります。

日本の大手企業を親会社に持つ国内の仮想通貨取引所なので安心です。

\日本円・暗号資産の入出金手数料が無料!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました