TradingViewの登録・使い方|無料版から有料版に50%OFFでアップグレードする方法【価格帯別出来高】

TradingViewの登録・使い方 50%OFFでアップグレード!




TradingView(トレーディングビュー)は、無料でも使えるチャート分析ツールです。

株式、先物、FX、仮想通貨などのデータを見ることができ、トレーダーで知らない人はいないくらい有名なチャート表示ツールです。

この記事では、TradingViewの登録・使い方から、無料版と有料版の違い、有料版に50%OFFでアップグレードできる方法などを解説します。

無料でも使えるTradingViewですが、有料版にすると様々な便利な機能が使えます。

とくに「価格帯別出来高」の表示は、どの価格帯が意識されているかを見るのに便利で、有料版だけで使えるインジケーターです。

まずは無料でお試ししてみて、有料版にアップグレードしたいと思ったら、この記事を参考に50%割引でお得に契約するといいでしょう。

TradingView(トレーディングビュー)無料アカウントの登録方法

TradingViewの公式サイトにアクセスして、右上の「無料登録」をクリックします。

TradingView_無料登録

サインアップ画面が表示されるので、以下の情報を入力します。

  • ユーザー名(変更できるのは1度だけ)
  • Eメール
  • パスワード

「利用規約」等に同意と「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「サインアップ」をクリックします。

TradingView_登録

以下の画面が表示されます。登録したEメールアドレス宛に認証メールが届きます。

TradingView_登録_Eメール認証

Eメールアドレスに届いた確認メールの「認証する」をクリックします。

TradingView_登録_Eメール認証.

TRADINGVIEW登録画面が表示されます。

TradingView_登録
  • プロフィール画像
  • 名前
  • 名字

を登録(入力)し、「続ける」をクリックします。(後からでも登録・変更できます)

以上で、TradingViewの無料アカウントの作成が完了しました。

TradingView(トレーディングビュー)の無料版・有料版の違いは?

TradingViewの無料版と有料版の違いについて説明します。

TradingViewには「BASIC」「PRO」「PRO+」「PREMIUM」の4つのプランがあります。

「BASIC」は無料、その他の3つが有料プランです。

主な違いは、料金、表示できるチャート数、保存できるチャート数、表示できるインジケーターの種類や数などです。

主なプランの比較を表にまとめます。

BASIC PRO PRO+ PREMIUM
価格(1年) $0.00 ドル/毎月 $12.95 ドル/毎月 $24.95 ドル/毎月 $49.95 ドル/毎月
価格(月額プラン) $0.00 ドル/毎月 $14.95 ドル/毎月 $29.95 ドル/毎月 $59.95 ドル/毎月
タブ毎のチャート数 1 2 4 8
同時にアクセス可能なデバイス数 1 1 2 5
保存可能なチャート数 1 5 10 無制限
チャート毎のインジケーター表示 3 5 10 25
出来高プロファイル指標 ×
価格やインジケーター、描画に設定できるサーバー型アラート 1 10 30 200

さらに詳しいプランの比較を知りたい方は以下のリンクからご覧ください。

TradingViewプランの比較を見る

無料版と有料版の大きな違いは、価格帯別出来高(出来高プロファイル指標)が表示できるかどうかです。

価格帯別出来高は画面の右側(変更可能)に棒グラフで表示され、どの価格帯での出来高が多いかが一目で確認できます。

出来高が多いということは、多くの人に意識されている価格帯なので、抵抗になったり、抜けたときには大きく動く可能性があります。

このような節目となる価格帯が一目でわかる価格帯別出来高のインジケーターを使用したくて有料版を使用している、という人も多いです。

また、無料版ではチャートを1つしか保存できないので少し不便です。チャートを複数保存したい場合は有料版をお勧めします。

TradingView(トレーディングビュー)無料版から有料版に50%OFFでアップグレードする方法

TradingView有料プランを50%OFFで利用できる方法を紹介します。

手順は以下のとおりです。

  1. TradingView有料プランの30日間無料お試しに登録する
  2. 「無料お試し版をキャンセル」を選択するか、無料お試し期間ギリギリまで使用すると、50%OFFのオファーが届くのでアップグレードする

順番に説明します。

TradingView有料プラン30日間無料お試しの開始方法

TradingView有料プランは30日間無料お試しができます。まずは、30日間無料お試しを登録します。

TradingView有料プランの無料お試しはこちら

画面右上のアカウント名右側の「PROへ30日間無料お試し」をクリックします。(もしくは、「アカウント名」⇒「アカウントとお支払い」をクリックすると表示される「30日間無料お試し」をクリック)

TradingView_30日間無料お試し

(もしくは)

TradingView_有料プラン30日間無料お試し

有料プランの無料お試しの選択画面が表示されます。「PRO」「PRO+」「PREMIUM」の中から利用したいプランを選んで、「無料お試し」をクリックします。

TradingView_有料プラン30日間無料お試し

注文画面が表示されます。支払い方法を「クレジットカード」か「ペイパル(PayPal)」から選択し、カード情報を入力後、利用規約に同意にチェックを入れ、「30日間無料お試し」をクリックします。(ペイパルを選んだ場合は、ペイパルの画面に自動で切り替わるので支払い手続きを完了させます)

TradingView_有料プラン30日間無料お試し_支払い方法

以上でTradingView有料プランの30日間無料お試しが利用できます。

TradingView有料プランを50%OFFで利用する方法

TradingView有料プランを50%OFF(半額)で利用する方法は2つあります。

  1. 無料お試し期間終了間際に届く50%OFFオファーを受け入れる
  2. 無料お試し期間中に「無料お試し版をキャンセル」を選択すると表示される50%OFFオファーを受け入れる

それぞれ説明します。

1. 無料お試し期間終了間際に届く50%OFFオファーを受け入れる

1の方法は、無料お試し期間中に、「○○%OFFで年間プランを契約しませんか?」というオファーが届きます。

このオファーが「30%OFF」「40%OFF」と上がっていき、最終的には「50%OFF」になります。

1の方法のメリットは、「30日間無料お試し」をギリギリまで利用できることです。

デメリットは、最終日までにアップグレードするのを忘れないようにしないといけないことです。

2. 無料お試し期間中に「無料お試し版をキャンセル」を選択すると表示される50%OFFオファーを受け入れる

2の方法は、無料お試し期間中に「ユーザー名」をクリック⇒「アカウントとお支払い」⇒「無料お試し版をキャンセル」をクリックします。

すると、50%OFFのオファーが表示されます。

2の方法のメリットは、無料お試し期間中いつでも50%OFFでアップグレードできるので、アップグレードし忘れないことです。

デメリットは、無料お試し期間が多く残っていると、少しもったいないかなということです。

無料お試し期間終了日までに、アップグレードを忘れずにできるという方は1の方法、忘れそうだなという方は2の方法がオススメです。

以上、TradingViewを無料版から有料版に50%OFFでアップグレードする方法でした。

TradingView(トレーディングビュー)の使い方|価格帯別出来高の表示方法

TradingViewの基本的な使い方と価格帯別出来高の表示方法を解説します。

チャートを作成する

初めてTradingViewでチャートを分析を開始する場合は、上部メニューの「チャート」をクリックするか、「チャート」にカーソルを合わせると表示される「新しいものを作成する」をクリックします。

TradingView_新しいチャートを作成する

チャートが表示されます。

通貨ペアの選択方法

左上の通貨ペアをクリックすると、文字が入力できるので、見たい通貨ペアを入力します。

TradingView_通貨ペアを選択

たとえば、ビットコインのBitMEX取引所のチャートを表示したい場合は、「XBTUSD」と入力すると、候補が表示されるので、一番上の「Bitcoin / US Dollar Perpetual Inverse Swap Contract」を選択します。

TradingView_通貨ペアを選択

インジゲーターの表示方法

画面上部の「インジゲーター」をクリックすると、インジゲーターの検索画面が表示されるので、使いたいインジゲーターを探して選択します。

たとえば、「指数移動平均(EMA:Exponential Moving Average)」を表示したい場合、上部メニューの「インジケーター」をクリック、検索窓に「EMA」と入力すると候補が表示されるので、「指数移動平均」をクリックします。

TradingView_インジケーター検索

これでチャートに「指数移動平均」が表示されます。また、画面左上に「EMA」の文字が表示され、右側の歯車マークをクリックすることでEMAの設定ができます。

価格帯別出来高インジゲーターの表示方法

価格帯別出来高インジゲーターは、有料プランのみの機能です。

画面上部の「インジゲーター」をクリックし、インジケーター検索画面の左メニューから「出来高プロファイル」をクリックします。

無料プランを利用している場合は、「PROへ」ボタンが表示されるので、有料プランにアップグレードすると価格帯別出来高を表示できるようになります。

TradingView_出来高プロファイル

まとめ

TradingView(トレーディングビュー)の登録と基本的な使い方から、無料版と有料版の違い、有料版に50%OFFでアップグレードできる方法を解説しました。

有料プランを50%OFFで使用するには、「有料プラン30日間無料お試し」に登録後、

  • 30日間お試し終了間際の「50%OFF」オファーを待ってアップグレード
  • 「無料お試し版をキャンセル」を選択後に表示される「50%OFF」オファーでアップグレード

の2つの方法があります。

個人的には、無料版は「保存可能なチャート数」が1つしかないこと、「価格帯別出来高」が表示できないことから、有料プランがオススメです。

では、有料プランの「PRO」「PRO+」「PREMIUM」のどれがいいのでしょうか? 主な違いをもう一度載せておきます。

PRO PRO+ PREMIUM
価格(1年) $12.95 ドル/毎月 $24.95 ドル/毎月 $49.95 ドル/毎月
価格(月額プラン) $14.95 ドル/毎月 $29.95 ドル/毎月 $59.95 ドル/毎月
タブ毎のチャート数 2 4 8
同時にアクセス可能なデバイス数 1 2 5
保存可能なチャート数 5 10 無制限
チャート毎のインジケーター表示 5 10 25
出来高プロファイル指標
価格やインジケーター、描画に設定できるサーバー型アラート 10 30 200

有料プランの主な違いは、一画面に表示できるチャート数、保存できるチャート数です。

個人的には、一画面に表示できるチャート数は、あまり多くすると見にくいので、「PRO」プランの2つで十分です。しかし、保存可能なチャート数は、「PRO」プランの5個だと少なく感じます。

また、アラートも私はあまり使っていませんが、よく使う人は「PRO」プランの10個では少なく感じるかもしれません。

以上のことから、まずは「PRO」プランを契約し、TradingViewを使っていくなかで、もっと多くチャートを保存したくなったり、アラートをたくさん設定したくなったら、「PRO+」「PREMIUM」プランに切り替えていこうと思います。

この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事】

BitMEXの口座開設を手数料割引でする方法

BitMEXの口座開設・登録を手数料10%割引でする方法|2段階認証設定【2019年最新版】

2018年9月9日
投資力ジム by ニキサロン に参加してみた!

投資力ジム by ニキサロン(700ニキサロン)の評判・料金は?|仮想通貨BTCFX【2019年8月継続中】

2018年12月2日








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です