FTXがBinanceに買収される?出金は停止中

FTXがBinanceに買収される?出金は停止中FTX(エフティーエックス)

昨日の自分を殴ってやりたい。昨日はFTX騒動を受けて、以下の記事を書きました。

念の為、ビットコインをGMOコインへ退避させたものの、「まあ、天下のFTXだし倒産はないだろう」とたかを括っていました。

これが最大の失敗でした。

FTXがBinanceに買収される?

状況を変えたのは、11月9日午前1:09のCZの以下のツイートです。

「今日の午後、FTX が私たちに助けを求めてきました。かなりの流動性クランチがあります。ユーザーを保護するために、 http://FTX.comを完全に取得し、流動性の危機をカバーすることを意図して、拘束力のない LOI に署名しました。近日中に完全な DD を実施する予定です。」

(Google による英語からの翻訳)

サム・バンクマン・フリードもほぼ同時刻に以下のツイートをしました。

「1) こんにちは: いくつかお知らせがあります。

事態は一巡し、 http://FTX.comの最初と最後の投資家は同じです: http://FTX.comのバイナンスとの戦略的取引について合意に達しました (保留中の DD など)。」

(Google による英語からの翻訳)

なんと、FTXがBinanceに助けを求めて、BinanceがFTXを買収することに合意したというのです。

これを受けて、ビットコイン・FTTは一旦反発したものの、その後大暴落しました。

ビットコインは19,000ドルを割りました。

FTXがBinanceに買収される?

FTTは20ドルに噴き上げたあと、なんと一時2.7ドルまで下落しました。

FTXがBinanceに買収される?

FTXは出金を停止中

FTX公式からのアナウンスはありませんが、現在FTXでは出金できない状況が続いています。(11月9日11:24現在)

昨日の記事でも書いたように、私は一昨日ビットコインは出金したものの、ETHとUSDは残していました。

これは「まさかFTXは大丈夫だろう」という慢心とFTX Earnの8%利回りに目が眩んだ結果です。

今まで散々クリプトの崩壊を見ているのに、すぐに逃げなかったのが今回の最大の反省点です。

まとめ

今回のFTX騒動により、一夜にして仮想通貨業界の勢力図が塗り替えられました。

BinanceのCEOのチャンポン・ジャオ(CZ)によるFTXへの攻撃によって、FTXは取り付け騒ぎになり、FTXはBinanceに助けを求めたことにより、最終的には買収の合意に至りました。

11月7日の攻撃開始からまる2日でFTXは陥落しました。

自分から攻撃を仕掛けておいて、泣きついてきたところを買収で合意というのは、強かさに恐怖を感じました。

この一連の騒動のおかげで、仮想通貨市場は大暴落し、多くの個人投資家の資産が毀損しました。

多くの人を巻き込むことなく、両取引所CEOによる話し合いで解決できなかったのかと疑問が残ります。

なんにせよ、ひとつの中央集権取引所に資産を預けておくことがリスクだということが浮き彫りになりました。

今後は、ハードウェアウォレット、複数の取引所に資産を分散して管理していこうと思います。

ハードウェアウォレットは、以下のLedgerがおすすめです。

2022年11月15日追記:

FTX騒動は、その後、FTXのCEOのサム・バンクマン・フリード(SBF)氏が自身が立ち上げたヘッジファンドのアラメダ・リサーチが出した損失の補填などに、FTXの顧客資産を流用していたことが発覚。

バイナンスに買収を打診しましたが、バイナンスは手に負えないとし、買収は成立しなかった。

11月11日、FTXは連邦破産法第11条(チャプター11)の適用を申請し、SBFはCEOを辞任しました。

11月15日現在、FTXJPの顧客資産は日本円・仮想通貨とも出金不可となっています。

仮想通貨取引所 おすすめランキング【2022年】

2022年現在、おすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)」は、使いやすく取引銘柄数も多い仮想通貨取引所です。

仮想通貨の取扱銘柄数は153種類。(2022年9月12日現在)

現物取引、デリバティブ取引、資産運用などができる総合的な仮想通貨のプラットフォームです。

新規上場トークンをBITで購入できるローンチパッド、ステーキングで新トークンを獲得できるローンチプールもあります。

本格的に仮想通貨の取引や資産運用をしたい人にオススメです。

\こちらから登録でボーナスをゲット!/

Bybitの紹介コードが必要な方は、紹介コード「992」をお使いください。

上の紹介リンクをクリックすると、紹介コードが自動で入力されます。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)」は、世界最大の仮想通貨取引所です。

仮想通貨の取扱銘柄数は534種類。(2022年9月12日現在)

現物、マージントレード、デリバティブなど多彩な取引ができます。また、ローンチパッド、ローンチプール、ステーキング、ファーミングなど、様々な収益を得ることができます。

世界最大の取引量を誇る取引所なので、仮想通貨投資をするならまず登録しておきましょう。

\世界最大の仮想通貨取引所/

Binanceの招待IDが必要な方は、招待ID「20768625」をお使いください。

上記の招待リンクをクリックすると、招待IDが自動で適用されます。

GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループの日本国内の仮想通貨取引所です。

日本円、仮想通貨(暗号資産)の入出金手数料が無料

簡単に仮想通貨の取引ができる販売所の他に、手数料が安い取引所もあります。

つみたて暗号資産、貸暗号資産、IEOなどのサービスもあります。

日本の大手企業を親会社に持つ国内の仮想通貨取引所なので安心です。

\日本円・暗号資産の入出金手数料が無料!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました