ZipXでeBayリターンリクエストの返送用ラベルを作成する方法【イーベイ・ケース】

ZipXでeBay返送用ラベルを作成する方法 eBay

eBayで商品が壊れて届いたり、商品説明と違っていたりして、バイヤーからリターンリクエスト(返品リクエスト)を開かれた場合は、セラーが返送用ラベルを準備してバイヤーに送らないといけません。

この記事では、日本郵便のZipX(越境 EC 事業者向け海外返品配送サービス)で返送用ラベルを作成する方法を説明します。

「返品ラベルの作成って難しそう」と思っていたのですが、めちゃくちゃ簡単だったので、eBayで販売する人は覚えておくといいでしょう。

ZipXとは

ZipXとは、日本郵便が提供する海外転送・返品配送のサービスです。

指定の海外倉庫にバイヤーから荷物を送ってもらうことで、日本に転送してくれます。

配送運賃の支払いは、オンライン上でPayPalで決済できます。

返品などで、送料をこちらもちでバイヤーから送り返してもらう場合などに便利です。

返品用のラベルを発行して、バイヤーにラベルをメールなどで送って、荷物に貼ってを発送してもらいます。

ZipXのサービス提供国

米国、台湾、香港、イギリス、フランス、シンガポール、香港でサービスを提供していて、順次拡大予定となっています。(2018年11月現在)

ZipXでeBayの返送用ラベルを作成する手順

ZipXに登録して、eBay返品のリターンシッピングラベル(返送用ラベル)を作成する手順を説明します。

ZipXの登録手順

ZipX公式サイトにいき「登録」をクリックします。

登録画面で必要事項を入力し「登録」をクリックします。

続いて、トップページに戻り、画面右上の「サインイン」からログインします。

初めて使うときは、左メニューの「アカウント設定」⇒「配送用住所」で荷物を受け取る住所を登録してください。

ZipXでアメリカから日本への返送用ラベルを印刷する手順

左メニューから「米国国内ラベルの印刷」をクリックします。

差出人情報等を入力していきます。

一つ目の入力欄「RMA」には、ZipX IDを入力します。ZipX IDは、左メニュー「My ZipX 住所」をクリックして表示される各国の送り先に「ZipX#: JPN1234PR」のように記載されている「JPN1234PR」部分です。

「Enter Your Address Information」には、差出人の氏名・住所を入力します。eBayの返品の場合、バイヤーの氏名・住所を入力します。

続いて、「Merchandise Description」に返品商品の内容を入力します。たとえば、ランニングシューズの返品であれば、”Running Shoes”と入力します。

最後の入力欄「Service Type」は、Piroirity Mailを必ず選択してください。

以上を入力のうえ「Next」をクリックします。

入力内容確認画面でPDFを選択し、「Submit」をクリックします。

ポップアップウィンドウに返送用ラベルのPDFファイルが表示されます。一度しか表示することができないので、間違って閉じてしまわないようにダウンロードしましょう。

以上がZipXでのeBay返送用ラベルの作成方法です。

ラベルをバイヤーにメールなどで送って、商品を返送してもらいます。

ZipXの返送用ラベルでeBay商品を返品してもらうときの注意点

  • 日本から輸出した際のEMS等の送り状・インボイスを荷物の中に封入してもらう
  • 「Return Shipment」と表示してもらう

以上のことをバイヤーに伝えましょう。

上の図を見ると、封筒に「Return Shipment」と表示してもらうように記載されています。

でもそもそも封筒をバイヤーが持っているかはわからないので、荷物のラベル近くに直接書いてもらうとよいかもしれません。

とにかく、返品商品であることがわかるようにしてもらいましょう。

返品商品と分からなければ、関税がかかってしまうかもしれないからです。

まとめ

ZipXを利用して、eBayのリターンリクエストの返品用ラベルを作成する手順について説明しました。

手順はたったの3ステップ。ZipXのサイトにログインして、

  1. 差出人の氏名・住所
  2. 返品商品の内容を入力
  3. Piroirity Mailを選択

これだけで返品用ラベルを作成できて便利ですね。

ZipXを返品に利用する注意点として、ZipXはアメリカの倉庫に送ってもらって日本に転送するので、アメリカの倉庫についた時点でeBayでは返品が完了したと見なされることです。

返品が完了してから6営業日以内に返金を完了しないといけないので、下手をすると日本に返品商品が届く前に返金んしないといけない可能性があるということです。

もしかして、送った商品と全然違うものを送り返されるという場合もあるかもしれないので、その場合のリスクがあることは覚えておきましょう。

ただし、DHLなどのクーリエよりも安い送料で返品用ラベルを作成できるのは魅力ですね。

eBayで返品リクエストがあったときには、ZipXで返品用ラベルを作成できることを覚えておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事】

eBay返品商品がZipX倉庫に到着してからお支払いの手順は以下の記事をご参照ください。

[kanren postid=”1991″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました