AndroidスマホのSDカードからパソコンに写真を移動する方法【移行】

Androidスマホ

AndroidスマホのSDカードが写真でいっぱいになったので、パソコン(PC)に移動することにしました。

スマホで撮った写真は大切な思い出なので、失敗したくないですよね。

この記事では、AndroidスマホのSDカードからパソコンに写真を移行する方法を解説します。

AndroidスマホとPCをUSBケーブルで接続して写真を取り込む

まず、AndroidスマホとパソコンをUSBケーブルで接続して写真を移行する方法を説明します。

Windowsの場合は、AndroidスマホをUSBケーブルで接続するだけで、ファイル送信が可能になります。

ただ、Macの場合は、アプリをインストールする必要があるので、ここでは、Macの場合を例に説明します。

Macの場合は、「Android File Transfer」を使用

Macの場合は、USB接続するだけで、MacとAndroid端末間でファイルのやりとりができるソフト「Android File Transfer」をインストールします。

Android公式サイトの以下のページから、「Android File Transfer」をダウンロードします。

「DOWNLOAD NOW」をクリック。

ダウンロードした「AndroidFileTransfer.dmg」ファイルをダブルクリック。インストール画面が開くので、左の「Android File Transfer」を右の「Applications」フォルダにドラッグします。

「Applications」フォルダをダブルクリックして開くと、「Android File Transfer.app」が追加されていることがわかります。

アプリをダブルクリック。

「インターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」と表示されるので、「開く」をクリック。

「Android File Transfer」が起動しました。

この状態で、AndroidスマホをMacにUSBケーブルで接続すると、ファイル転送が可能になります。さっそくやってみましょう。

[aside]補足

AndroidスマホをMacに接続しても、「セットしたディスクは、このコンピューターで読み取れないディスクでした。」または、「端末のストレージにアクセスできません」と表示され、Android端末のファイルやフォルダが表示されないことがあります。

この場合は、Androidスマホ側を操作することで、ファイル転送が可能になります。

スマホの画面に「USBをファイル転送に使用しますか?」と表示されますので、「はい」をたっぷ。

Macの画面に表示された「端末のストレージにアクセスできません」の表示を「OK」を押して閉じると、Android端末のファイルやフォルダが表示されます。

[/aside]

AndroidスマホからPCに写真を取り込む

ここからは、MacとWindowsパソコンとだいたい同じです。Macを例に説明します。

AndroidスマホとMacが接続されると、以下の画面が表示されます。上部のタブをクリックすると、内部ストレージとSDカードを切り替えられます。

今回は、SDカードの写真をパソコンに取り込みます。

「SDカード」タブをクリック。

「DCIM(Digital Camera Images)」フォルダ内の「Camera」フォルダに写真が保存されています。

あとは、このフォルダを丸ごとパソコンにコピーするか、コピーしたい写真を選択してパソコンにコピーします。

パソコン上の任意のフォルダに「ドラッグ&ドロップ」すると、コピーされます。

ここまで書いていてなんですが、私の場合、SDカード容量(64GB)ギリギリまで使用していたこともあり、Macにドラッグ&ドロップすると、アプリが応答しなくなってしまいました。

これは、このアプリ特有のものだと思うので、Windowsパソコンなら、そのままコピーできる可能性が高いです。

そこで、別の方法として、SDカードを直接パソコンに挿入して、写真を取り込む方法を試してみるとうまくいきました。

SDカードをパソコンに接続して写真を取り込む

AndroidスマホからSDカードを取り出し、パソコンのSDカードスロットに挿入(接続)します。

パソコンにSDカードスロットがない場合は、外付メモリカードリーダーを用意しましょう。Amazon.co.jpで1,000円以内くらいで購入できます。

SDカードを挿すと、Windowsの場合は、フォルダーを開いてファイルを表示します。Macの場合は、FinderのデバイスからSDカードの中のフォルダやファイルが確認できます。

AndroidスマホのSDカードに保存した写真は、「DCIM」フォルダ⇒「Camera」フォルダに保存されています。

あとは、パソコン上に「DCIM」フォルダまたは「Camera」フォルダをドラッグ&ドロップしてコピーするか、保存したい写真を選択してコピーすればOKです。

コピーが完了すれば、SDカードのデータとパソコンのデータが一致していることを確認してから、SDカードのデータを削除してSDカードの容量を空けることができます。

SDカードの写真をパソコンで削除したのに容量が増えない場合

私はこれで失敗しました。

AndroidスマホのSDカードを抜いて、写真をパソコンに取り込んだあと、パソコンでSDカードの写真を削除。

SDカードをスマホに戻して、「これでまた写真がいっぱい撮れる」と思っていました。

しかし、カメラアプリを起動しても、残り撮影可能枚数が増えていません。「設定」→「ストレージとUSB」からSDカードの空き容量を見ても、空き容量が増えていません。

これは、あとで理由がわかったのですが、パソコンでSDカードのファイルを削除したときに、ゴミ箱を空にしていなかったからです。

ゴミ箱を空にしていない場合、見た目上は、SDカードから写真を削除したように見えるのですが、ゴミ箱に移動しただけで、実際のファイルは消えていないのです。

そのことにあとから気づいたのですが、一度SDカードをパソコンから抜いてしまっていたため、「もうゴミ箱を空にできないのでは?」と、心配しました。

しかし、SDカードをもう一度パソコンに挿すと、ちゃんとゴミ箱の中に削除したファイルが表示されました。

ゴミ箱を開いて、「空にする」ボタンを押します。

ゴミ箱を空にしました。これで、SDカードの空き容量が増えるはずです。

SDカードをパソコンから取り出して、Androidスマホに入れて、「設定」→「ストレージとUSB」を見てみましょう。

SDカードの空き容量がちゃんと増えていました。

SDカードの写真をパソコンで削除した場合は、ゴミ箱を空にするのを忘れないようにしてくださいね。

まとめ

AndroidスマホのSDカードの写真をパソコン(Windows・Mac)に移行して保存する方法を説明しました。

主に以下の2つの方法があります。

  1. AndroidスマホをUSBケーブルでパソコンに接続する方法
  2. スマホからSDカードを抜いてパソコンに接続する方法

どちらも同じくらい簡単ですが、Macの場合は、①の方法だとアプリをインストールしなければならないことと、フォルダ内のファイルサイズが大きい場合、固まってしまうことがありました。

なので、Macの場合は、②の方法がオススメです。

Macには、microSDXCは直接入れられませんので、以下のようなSDカードリーダーを準備しましょう。

スマホで簡単に写真が撮れるようになって便利になりましたが、スマホを落としてしまった場合、大切な写真を無くしてしまわないように、バックアップの取り方は覚えておきましょう。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました