マネーフォワード クラウド会計・確定申告の新規登録とPayPal連携方法【eBay輸出】

マネーフォワード クラウド確定申告の新規登録お金

マネーフォワード クラウド会計・確定申告(旧MFクラウド会計・確定申告)の新規登録とPayPalとの連携方法を説明します。

eBay輸出は、売上金をPayPal(ペイパル)の口座にUSドルで受け取ります。

そこで問題になるのは、会計処理をどうするのかということです。

確定申告をする際は、ドルで受け取った売上を日本円に換算しなければいけません。

いままでは月に一度、PayPal取引履歴のCSVファイルをダウンロード、エクセルで編集して、その月の平均レートで日本円に換算していました。

これが結構面倒な作業です。

マネーフォワード クラウド会計・確定申告を使うと、PayPalの売上金を日本円に換算して自動で取り込んでくれます。

この記事では、マネーフォワード クラウド会計・確定申告の新規登録、PayPalとの連携方法を紹介します。

また、どんな人にマネーフォワード クラウド会計・確定申告がオススメなのかも解説します。

マネーフォワード クラウド確定申告の新規登録の方法

マネーフォワード クラウドには、個人事業主向けの「マネーフォワード クラウド確定申告」、中小法人向けの「マネーフォワード クラウド会計」の2種類があります。

ここでは、マネーフォワード クラウド確定申告を例に登録の仕方を説明します。

マネーフォワード クラウド確定申告の公式サイトにアクセスして、右上の「新規登録」をクリックします。

事業形態で「個人事業主」を選択します。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 氏名
  • 電話番号
  • 都道府県

を入力して、「以下に同意して利用を開始する」をクリックします。

銀行口座の連携の画面が表示されるので、連携する金融機関にチェックを入れて、「チェックを完了する」をクリックします。

登録したメールアドレス宛に、「【Money Forward】メールアドレスの認証を行ってください」という件名のメールが届いているので、メール内の「認証して利用を開始する」をクリックしてください。

メール認証が完了して、マネーフォワード クラウド確定申告の新規登録が完了しました。

画面右上の吹き出しマークのところに未読が1件となっていますので、クリックします。

「設定が未確認です」と表示されるので、文字をクリックして設定をしましょう。

  • 事業所名
  • 業種区分
  • 消費税の課税形式

などを入力して、画面左下の「設定を保存」をクリックしましょう。

これで、MFクラウド確定申告の新規登録と設定が終わりました。

マネーフォワード クラウド確定申告とPayPal(ペイパル)の連携方法

続いて、マネーフォワード クラウド確定申告とPayPalを連携します。

1. PayPalのデータ連携方法

メニューから「データ連携」⇒「新規登録」をクリックします。

「連携したい銀行やカード名を検索してください」の欄に「PayPal」と入力して検索するか、カテゴリーの「ビジネス」⇒「PayPal」をクリックします。

「PayPalと連携する」をクリックします。

PayPalのログインページが表示されるので、メールアドレス・パスワードを入力して「Log in」をクリックします。

表示の内容を確認して、「許可の承認」をクリックします。

「取得可能データはすべて取り込む」または「設定日以降のデータのみ取り込む」を選択して、「登録する」をクリックします。

「口座を登録しました」と表示されて、次の画面が表示されます。

取得状態が「取得中」となって、円がクルクルと回っている状態となります。

しばらく待つと、「取得中」から「正常」になります。

これで、マネーフォワード クラウド確定申告とPayPalの連携が完了しました。

以降、PayPalで取引があれば、マネーフォワード クラウド確定申告が自動でデータを取り込んでくれます。

あとはマネーフォワード クラウド確定申告で仕訳をしていくだけです。

次は、仕訳登録の仕方をみていきましょう。

2. マネーフォワード クラウド確定申告に連携したPayPalの仕訳登録方法

マネーフォワード クラウド確定申告のホームに戻ると、PayPalのところに「未仕訳○件」と表示があります。未仕訳件数のところをクリックします。

もしくは、左メニューの「自動で仕訳」⇒「連携サービスから入力」⇒「ビジネスカテゴリ」タブをクリックしたあと、連携サービスで「PayPal」で検索しても同じ画面になります。

「未仕訳○件」をクリックします。

明細の一覧が表示されるので、必要であれば補助科目などを設定して「登録」をクリックして仕分登録をしていきます。

これでマネーフォワード クラウド確定申告と連携したPayPalの仕訳登録ができました。

PayPal仕訳の勘定科目の設定方法など、詳しくは以下の記事で解説しています。

マネーフォワード クラウド確定申告に向いている人

マネーフォワード クラウド確定申告に向いている人は次のような人です。

  • 個人事業主で会計処理に手間をかけたくない
  • eBay輸出でPayPalを使っていて、日本円への換算を自動でしたい
  • 勘定科目の入力をある程度自動でしたい
  • 確定申告を自分でやっているのでできるだけ作業を簡略化したい
  • 税理士さんと契約しているが、提出するデータの準備を楽にしたい

このような人は、マネーフォワード クラウド確定申告を使うと税務処理が楽になります。

とくにeBay輸出をしている人は、PayPalの売上金を取引日のレートで自動で円換算してくれるので助かります。

もしこれを手動でやろうとすると、毎回その日のレートを調べてドルから円へ換算しなければなりません。

この点だけでも、マネーフォワード クラウド確定申告を使ってみる価値は十分あると思います。

無料でも毎月15件までの仕訳はできるので、まずは無料で試してみましょう。

マネーフォワード クラウド確定申告を使うことによって、会計処理の時間を減らし、利益を生み出すリサーチや仕入などの作業により多くの時間を使うことができます。

マネーフォワード クラウド確定申告の新料金体系

マネーフォワード クラウド確定申告の2019年5月8日からの新料金プランは、以下のようになっています。

マネーフォワード_クラウド確定申告_料金
  • パーソナルライト:月額1,280円/980円
  • パーソナル:月額2,480円/1,980円
  • パーソナルプラス:月額2,980円(年額プランのみ)

パーソナルライト・パーソナルプランは年額プランにするとお得です。

旧プランのベーシックプランが月額800円、年間プランだと1か月あたり733円だったので、少し値上げになりましたが、会計、請求書、給与、経費、マイナンバーの5つのサービスが利用可能になりました。

個人事業主で請求書の発行がない・少ない人は、パーソナルライトで十分です。私はパーソナルライトを契約しています。

マネーフォワード クラウド確定申告の旧料金体系

以下は2019年5月8日までの旧料金プランです。

「フリープラン」は、無料で毎月15件まで仕訳ができます。

「ベーシックプラン」は月額800円(税抜)で無制限に仕訳でき、メール・チャットサポート付きです。年間プランにすると800円お得になります。

「あんしん電話サポート付きベーシックプラン」は、年額プランのみで、年額17,200円(税抜)です。

オススメはベーシックプランです。

あんしん電話サポート付きベーシックプランとの差は、電話サポートがあるかないかだけですが、価格差8,400円と約2倍になります。

ベーシックプランでもメール・チャットのサポートがあって、わからないことがあったら質問できるので、わざわざ電話をする必要はないでしょう。

まとめ

マネーフォワード クラウド確定申告の新規登録の手順、PayPalとの連携方法を紹介しました。

私はもう6年ほどeBay輸出の売上をPayPalで受け取っています。

今までPayPalの会計処理は、毎月取引履歴をCSVでダウンロードしたものを、Excelでドルから日本円に換算して、税理士さんに提出していました。

この毎月の作業が地味に面倒で、「自動化できないかな」とずっと思っていました。

マネーフォワード クラウド確定申告でPayPalのデータを自動で取得できるようになって、作業の負担が大幅に軽減されました。

マネーフォワード クラウド確定申告をPayPalと連携して使うと次のようなメリットがあります。

  • PayPalの売上データを自動で取得
  • ドルから日本円に自動換算
  • 月末の売上計算の作業が不要
  • 計上し忘れなどの間違いがなくなる
  • 1か月間無料で体験できる

マネーフォワード クラウド会計・確定申告は1か月間無料で体験できます。

使うかどうか悩んでいる時間がもったいないので、まずは無料で試してみてください。

会計がびっくりするほど簡単になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました