FTXからQuoineへ移管の追加KYCのやり方

FTXからQuoineへ移管の追加KYCのやり方仮想通貨(暗号資産)

2022年2月2日、FTXから「日本のお客様へ重要なお知らせ」という件名のメールが届きました。

メールには、「2022年3月30日をもって当社の既存の日本ユーザーをLiquidの完全子会社であり日本の暗号資産交換業者兼第一種金融商品取引業者であるQuoine株式会社(以下「Quoine」といいます。)に移管します。」という内容が記載されています。

Quoineで引き続きサービスを利用するには、2022年2月7日以降、ログイン時に表示されるポップアップ画面の指示に従って、アカウント情報(KYC)を更新する必要があります。

この記事では、FTXからQuoineへ移管の追加KYCのやり方を解説します。

FTX.comは、2022年4月4日午前9時(東京時間)をもって、FTX Japanに移行しました。 登録画面で「Registrations from Japan are not allowed」とメッセージが表示されますが、登録はできるみたいです。

\こちらから登録で手数料がずっと5%割引でお得!/

FTXの手数料5%割引を受けるには、リファラルコード(紹介コード)「2987466」をご使用ください。

リンクをクリックし、登録画面で手数料5%OFFが適用されていることをご確認ください。

「FTX Japanへの移行方法・手数料体系【評判・レビュー】|FTTをステーキングするメリット」は、以下の記事をご覧ください。

FTXからQuoineへ移管の追加KYCのやり方

2022年2月7日以降、FTXにログイン時に以下のポップアップ画面が表示されるようになります。「I UNDERSTAND」をクリックします。

ポップアップが消えてしまった場合は、こちらのリンク(ftx.com/jp/kyc)から直接アカウント情報を更新してください。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

当社は、より良いサービスを提供するという当社の使命の一環として、今年、日本のパートナーと協力して、日本の法規制に準拠した形で、銀行口座との連携を含む新しく改良された取引サービスを皆様に提供するためのステップを予定しております。詳細が決まり次第、追ってご案内させていただきます。

どうぞお待ちください。

もう一度、ポップアップ画面が表示されるので、「I UNDERSTAND」をクリックします。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

日本のお客様により良いサービスを提供するという私たちの継続的な使命の一環として、FTXは日本の暗号資産交換交換所兼第一種金融商品取引であるQuoine株式会社の親会社である、Liquid Group Inc. を買収する契約を締結しました。 これに伴い、2022年3月29日に既存の日本のお客様の口座について、Quoineへの移管作業が行われます。2022年3月29日以降もサービスをご利用継続するには、追加のKYCプロセスを完了する必要があります。KYCを完了するため、お早目に日本のお客様向けの本人確認用のページにアクセスして、必要な手続きをお済ませください。

「FTX JP Identity Verification」画面が表示されます。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

以下の情報を入力し、「Next」をクリックします。

  • 氏名
    • Last Name (Kanji) *(漢字)
    • First Name (Kanji) *(漢字)
    • Last Name (Kana) *(かな)
    • First Name (Kana) *(かな)
  • 生年月日
    • MM (Month) *(月)
    • DD (Day) *(日)
    • YYYY (Year) *(年)
  • Gender *(性別)
    • Male(男)
    • Female(女)
    • Other(その他)

「Location」の入力画面が表示されます。3つの項目にチェックを入れ、「Mobile Number *(携帯電話番号)」を入力し、「Send Code」をクリックして、送られてきた「SMS Code *」を入力します。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

画面をスクロールして、「Address(住所)」を入力します。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

以下の情報を入力し、「Next」をクリックします。

  • Post Code *(郵便番号)
  • Prefecture *(都道府県)
  • Municipality *(市区町村)
  • Street *(番地)
  • Building(建物名)

「Investment Details(投資の詳細)」の入力画面が表示されます。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

以下の情報を入力します。

  • Occupation *(職業)
  • Income Source *(収入源)
  • Income *(所得)
  • Potential Amount for Investment *(投資可能額)
  • Investment Purpose *(投資目的)

画面をスクロールして「Investment Experience(投資経験)」を入力します。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

以下の情報を入力(年数を選択)し、「Next」をクリックします。

  • FX/CFD Trading *(FX / CFD取引)
  • Spot Trading – Stock *(現物取引 – 株)
  • Margin Trading – Stock *(信用取引 – 株式)
  • Futures Options *(先物オプション)
  • Commodity Futures *(商品先物)

「My Number(マイナンバーカード)」の番号を入力し、表面・裏面の画像ファイルをアップロードして、「Next」をクリックします。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方
  • My Number Card # *(マイナンバーカード番号)
  • My Number Card Front *(マイナンバーカード表面)
  • My Number Card Back *(マイナンバーカード裏面)

以下の画面が表示されます。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

To finish the KYC process, please click the link below or scan the QR code to be directed to our eKYC process for verifying documents.

(KYCプロセスを完了するには、下のリンクをクリックするか、QRコードをスキャンして、ドキュメントを確認するためのeKYCプロセスに移動してください。)

リンクをクリックするか、QRコードをスキャンしてeKYCプロセスに移行します。

【対応 OS/バージョン】
iOS 11 以降
Android 6 以降

eKYCプロセスは、スマホしか対応していないため、PCでここまで進めた方は、スマホでQRコードをスキャンします。

eKYCプロセスのやり方(スマホのみ対応)

プライバシーポリシーと利用規約が表示されます。「同意して次へ進む」をタップします。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

ご本人確認書類を選択します。「運転免許証」「マイナンバーカード(個人番号カード)」「在留カード」から選択し、「注意事項を確認しました。」にチェックを入れ、「次へ進む」をタップします。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

運転免許証・表面を撮影します。「撮影開始」をタップします。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

画面の指示に従って、表面、表面・斜め上から、裏面を撮影します。

続いて、顔正面を撮影します。「撮影開始」をタップします。

FTXからQuoineへ移管する追加KYCのやり方

画面の指示に従って、顔正面、首振りを撮影します。

撮影が成功すると、申請完了画面が表示されます。

ウィンドウを閉じてください。

以上で、FTXからQuoineへ移管の追加KYCが完了しました。

まとめ

FTXからQuoineへ移管の追加KYCのやり方を解説しました。

FTXが使えなくなるのは、残念ですが、Quoineへ移管して、FTX Token(FTT)やSolana(SOL)が日本の取引所で取引できるようになるので、Quoineを使っていこうと思います。

海外の仮想通貨取引所は、FTXのようにいつ使えなくなるかわからないので、BybitBinanceあたりは、登録できるうちに登録しておくことをおすすめします。

FTX.comは、2022年4月4日午前9時(東京時間)をもって、FTX Japanに移行しました。 登録画面で「Registrations from Japan are not allowed」とメッセージが表示されますが、登録はできるみたいです。

\こちらから登録で手数料がずっと5%割引でお得!/

FTXの手数料5%割引を受けるには、リファラルコード(紹介コード)「2987466」をご使用ください。

リンクをクリックし、登録画面で手数料5%OFFが適用されていることをご確認ください。

「FTX Japanへの移行方法・手数料体系【評判・レビュー】|FTTをステーキングするメリット」は、以下の記事をご覧ください。

【2022年版】仮想通貨取引所おすすめランキング

おすすめの仮想通貨取引所を紹介します。(2022年現在)

Bybit(バイビット)

仮想通貨の現物取引・デリバティブ取引をするなら「Bybit」がおすすめです。

サーバーが強くて注文が通りやすい。使いやすいUI(ユーザーインタフェース)で仮想通貨トレーダーに人気の取引所です。便利なアプリもあります。

BitDAO(BIT)を保有していれば、IEO(ローンチパッド)に参加できます。

ByFiセンターでは、仮想通貨を預けて増やすことができます。

2021年からは40種類以上の仮想通貨の現物取引もできるようになりました。

\取引体験やキャンペーンでボーナスをゲット!/

Bybitの紹介コードが必要な方は、紹介コード「6BoK7」をお使いください。

上のリンクから登録の場合は、紹介コードを入力しなくても大丈夫です。

キャンペーンやボーナスの内容は時期によって異なります。

Bybitの登録方法・紹介コード・キャンペーンは、以下の記事をご覧ください。

FTX(エフティーエックス)

2021年最も勢いのある仮想通貨取引所が「FTX」です。

取引所トークンのFTT、SolanaブロックチェーンのSOLを取引可能。

FTXのIEO銘柄の多くが高騰し、ATLASが120倍になったことでも話題になりました。

仮想通貨のレンディングやステーキング、NFTなど様々な稼ぎ方ができ、仮想通貨をやるなら登録必須の取引所です。

FTX.comは、2022年4月4日午前9時(東京時間)をもって、FTX Japanに移行しました。 登録画面で「Registrations from Japan are not allowed」とメッセージが表示されますが、登録はできるみたいです。

\こちらから登録で手数料がずっと5%割引でお得!/

FTXの手数料5%割引を受けるには、リファラルコード(紹介コード)「2987466」をご使用ください。

リンクをクリックし、登録画面で手数料5%OFFが適用されていることをご確認ください。

FTXの登録方法(手数料5%割引)は、以下の記事をご覧ください。

Binance(バイナンス)

アルトコイン現物の取引は「Binance」がおすすめです。

取引所トークンのBNBがDeFiで注目を集め、年初から約10倍になりました。

2021年にイーロン・マスクのツイートで高騰したDOGEも取引可能です。

アルトコインの取り扱い数が多く、現物・デリバティブともに仮想通貨の取引高世界一の取引所です。

招待ID(招待リンク)が必要な方は「20768625」をご利用ください。

上記のリンクをクリックした場合、自動で入力されます。

バイナンスの登録方法は、以下の記事をご覧ください。

コメント

「仮想通貨」の正式名称は「暗号資産」です。

タイトルとURLをコピーしました