FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング(ステーキング)の使い方(APY最大8%)【FTX Japan】

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディングのやり方FTX(エフティーエックス)

FTX(旧Blockfolio)アプリは、FTX Japan移行後もサインインすることができました。

それでは、レンディング(ステーキング)して最大8%のAPYを獲得することはできるのでしょうか?

もしできたら、他の国内仮想通貨取引所のレンディングの年利1〜3%と比較して、かなりいい運用先のひとつになります。

この記事では、FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング(ステーキング)の使い方を解説します。

FTX.comは、2022年4月4日午前9時(東京時間)をもって、FTX Japanに移行しました。 登録画面で「Registrations from Japan are not allowed」とメッセージが表示されますが、登録はできるみたいです。

\こちらから登録で手数料がずっと5%割引でお得!/

FTXの手数料5%割引を受けるには、リファラルコード(紹介コード)「2987466」をご使用ください。

リンクをクリックし、登録画面で手数料5%OFFが適用されていることをご確認ください。

FTX(旧Blockfolio)アプリにFTX Japanアカウントでサインインする方法は、以下の記事をご覧ください。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング(ステーキング)の使い方

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディングを有効にします。

画面右上の「歯車マーク」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング(ステーキング)の使い方

左下の「設定」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング(ステーキング)の使い方

「プロフィール」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング(ステーキング)の使い方

「資産で利益を得られます」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング(ステーキング)の使い方

「利益獲得を開始」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング(ステーキング)の使い方

「資金を入金すると収益が発生します」と表示されます。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング(ステーキング)の使い方

これで、あとは仮想通貨を入金するだけで、自動でレンディングが開始され、最大8%の利回りを獲得することができます。

FTX(旧Blockfolio)アプリに仮想通貨を入金する方法

仮想通貨を入金する方法は、FTX(旧Blockfolio)アプリに直接送金する方法とFTX Japanのメインアカウントからサブアカウントに送金する方法があります。

FTX(旧Blockfolio)アプリに仮想通貨を直接送金する方法

マイウォレットの「入金」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリに仮想通貨を入金する方法

「暗号通貨」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリに仮想通貨を入金する方法

入金するコインを選択します。たとえば、ビットコインなら「Bitcoin(BTC)」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリに仮想通貨を入金する方法

Bitcoinアドレスが表示されます。

FTX(旧Blockfolio)アプリに仮想通貨を入金する方法

あとは、他の仮想通貨取引所から、こちらのアドレスにBTCを送金します。

以上が、FTX(旧Blockfolio)アプリに仮想通貨を直接送金する方法です。

FTX Japanのメインアカウントからサブアカウントに送金(移管残高)する方法

すでにFTX Japanのメインアカウントのウォレットに暗号資産がある場合、メインアカウントからサブアカウントに資金を送金することができます。

ウォレットを開き、「移管残高」ボタンをクリックします。

FTX Japanのメインアカウントからサブアカウントに送金(移管残高)する方法

送金先アカウントに「FTXApp(旧Blockfolio)」を選択し、数量を入力して、「送金」をクリックします。

FTX Japanのメインアカウントからサブアカウントに送金(移管残高)する方法

以上が、FTX Japanのメインアカウントからサブアカウントに送金する方法です。

このように、FTX Japanに残高がある場合は、かんたんにFTX(旧Blockfolio)アプリに入金できます。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディングの利益(利息)を確認する

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディングを有効にし、入金が完了すると、自動でレンディングが開始されます。利益(利息)を確認してみましょう。

アプリを起動し、マイウォレットから「Bitcoin」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディングの利益(利息)を確認する

「Bitcoinウォレット」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディングの利益(利息)を確認する

ビットコインの残高が表示され、APYと利益獲得合計が表示されます。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディングの利益(利息)を確認する

APYは、最初の10,000ドルは8%、10,000ドルを超える金額は5%になります。

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング利回りは、1時間ごとに発生し、支払われます。

毎時0分ちょうどにFTX(旧Blockfolio)アプリに残高があれば、利回りを獲得できます。

たとえば、私の場合、15:48に2 BTCの入金が完了し、16:00には初めての利回り0.00001222 BTC(約64.45円)を獲得しました。

1時間に64.45円なので、24時間で1,546.8円、1か月で46,404円、1年で556,848円になる計算です。

2 BTC(10,548,396円)のAPY5.3%の559,064円ともだいたい計算が合います。

他の国内仮想通貨取引所の貸暗号資産の年利(1〜3%)と比較しても、FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディングは、年利5%(最初の1万ドルは8%)とかなり高いAPYを獲得できます。

レンディング開始から24時間の利回りは?

FTX(旧Blockfolio)アプリでレンディングを開始して、ちょうど24時間が経過しました。

2 BTCをレンディングして、24時間で獲得した利回りは、0.00029331 BTC(1555.95円)でした。

上の計算ともだいたい一致するので、1か月で46,678円くらいの収益になりそうです。

DeFiならともかく、仮想通貨取引所のレンディングでここまでよいAPYは、なかなかないので嬉しいですね。

レンディング開始から24時間の利回り

FTX(旧Blockfolio)アプリの紹介コード

FTX(旧Blockfolio)アプリの紹介コードを入力すると、10ドルを超えるサイズの取引をするごとに、無料のコインを入手できます。(どのコインを獲得するかはランダムです)

FTX(旧Blockfolio)アプリの紹介コード

FTX(旧Blockfolio)アプリの紹介コード:「2987466

FTX(旧Blockfolio)アプリの紹介コードの入力方法は、以下のとおりです。

アプリを開き、右上の「プレゼントマーク」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリの紹介コード

Redeem promo Code(プロモーションコードを利用する)の「ENTER CODE(コードを入力する)」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリの紹介コード

招待コードを入力し、「REDEEM」をタップします。

FTX(旧Blockfolio)アプリの紹介コード

まとめ

FTX(旧Blockfolio)アプリのレンディング(ステーキング)の使い方を解説しました。

設定でレンディングを有効にし、仮想通貨を入金するだけで、自動でレンディングが始まります。

FTX(旧Blockfolio)アプリに入金するには、FTX Japanのメインアカウントからサブアカウントに送金(移管残高)する方法がおすすめです。

資産を預け入れておくだけで、最大8%のAPYが獲得できて、ロック期間もなく、いつでも自由に引き出すことができるなんて最高ですね。

ただし、レンディングにはリスクもあるので、すべての資産を1か所で運用するのではなく、分散して運用することをおすすめします。

私は、GMOコイン、FTX Japan、Bybitなどで運用しています。

FTX.comは、2022年4月4日午前9時(東京時間)をもって、FTX Japanに移行しました。 登録画面で「Registrations from Japan are not allowed」とメッセージが表示されますが、登録はできるみたいです。

\こちらから登録で手数料がずっと5%割引でお得!/

FTXの手数料5%割引を受けるには、リファラルコード(紹介コード)「2987466」をご使用ください。

リンクをクリックし、登録画面で手数料5%OFFが適用されていることをご確認ください。

【2022年版】仮想通貨取引所おすすめランキング

おすすめの仮想通貨取引所を紹介します。(2022年現在)

Bybit(バイビット)

仮想通貨の現物取引・デリバティブ取引をするなら「Bybit」がおすすめです。

サーバーが強くて注文が通りやすい。使いやすいUI(ユーザーインタフェース)で仮想通貨トレーダーに人気の取引所です。便利なアプリもあります。

BitDAO(BIT)を保有していれば、IEO(ローンチパッド)に参加できます。

ByFiセンターでは、仮想通貨を預けて増やすことができます。

2021年からは40種類以上の仮想通貨の現物取引もできるようになりました。

\取引体験やキャンペーンでボーナスをゲット!/

Bybitの紹介コードが必要な方は、紹介コード「6BoK7」をお使いください。

上のリンクから登録の場合は、紹介コードを入力しなくても大丈夫です。

キャンペーンやボーナスの内容は時期によって異なります。

Bybitの登録方法・紹介コード・キャンペーンは、以下の記事をご覧ください。

FTX(エフティーエックス)

2021年最も勢いのある仮想通貨取引所が「FTX」です。

取引所トークンのFTT、SolanaブロックチェーンのSOLを取引可能。

FTXのIEO銘柄の多くが高騰し、ATLASが120倍になったことでも話題になりました。

仮想通貨のレンディングやステーキング、NFTなど様々な稼ぎ方ができ、仮想通貨をやるなら登録必須の取引所です。

FTX.comは、2022年4月4日午前9時(東京時間)をもって、FTX Japanに移行しました。 登録画面で「Registrations from Japan are not allowed」とメッセージが表示されますが、登録はできるみたいです。

\こちらから登録で手数料がずっと5%割引でお得!/

FTXの手数料5%割引を受けるには、リファラルコード(紹介コード)「2987466」をご使用ください。

リンクをクリックし、登録画面で手数料5%OFFが適用されていることをご確認ください。

FTXの登録方法(手数料5%割引)は、以下の記事をご覧ください。

Binance(バイナンス)

アルトコイン現物の取引は「Binance」がおすすめです。

取引所トークンのBNBがDeFiで注目を集め、年初から約10倍になりました。

2021年にイーロン・マスクのツイートで高騰したDOGEも取引可能です。

アルトコインの取り扱い数が多く、現物・デリバティブともに仮想通貨の取引高世界一の取引所です。

招待ID(招待リンク)が必要な方は「20768625」をご利用ください。

上記のリンクをクリックした場合、自動で入力されます。

バイナンスの登録方法は、以下の記事をご覧ください。

コメント

「仮想通貨」の正式名称は「暗号資産」です。

タイトルとURLをコピーしました