光回線「excite MEC光」と「NURO 光」を徹底比較!料金・速度・メリットは?




先日、インターネット回線を「excite MEC光」に変えました。

excite MEC光を選んだ理由は、以下の記事に書いています。

【光回線】excite MEC光を申込した。キャッシュバックより重視した理由とは?

2018年4月4日

今のところ、速度的にもとても満足していてとくに不満はないです。

しかし、乗り換える前に気になっていた「NURO 光」がついに関西の自分が住んでいる地域でも申し込みが可能となったことから、「excite MEC光とNURO 光はどっちのほうがいいんだろう」と気になりはじめました。

もともと「NURO 光」は速度の面でとても魅力を感じていたのですが、回線乗り換え時点では住んでいる地域ではまだ対応していなかったのです。

そこで、「excite MEC光」と「NURO 光」を比較してみて、このままexcite MEC光を使い続けるべきなのか、NURO 光に乗り換えたほうがお得なのかを調べてみることにしました。

これから申し込みを考えている人にも参考になれば幸いです。

「excite MEC光」と「NURO 光」の比較

まずは、料金体系・速度などの面でexcite MEC光とNURO 光を比較してみます。

実際には、ここにキャンペーンなども絡んできますが、まずはキャンペーンなしの基本料金をおさえておきましょう。

excite MEC光 NURO 光G2V
通信速度 最大概ね1Gbps 最大2Gbps
月額基本料金 excite MEC光ファミリー  4,500円
excite MEC光マンション  3,500円
 4,743円
初期費用 MEC光開通手続き料 3,000円(0円)

契約事務手数料(新規申込)1,000円(0円)
または、
転用事務手数料(転用申込)2,000円(0円)
3,000円(ご利用開始月にご請求)
工事費用 新規申込(excite MEC光ファミリー)18,000円
新規申込(excite MEC光マンション)15,000円
または、
工事担当者がお伺いしない場合 2,000円
 40,000円(30ヶ月の分割にてご請求)
レンタル機器月額料金 MEC光専用ルータ(Aterm WG1810HP) 100円(0円) 0円
最低利用期間(契約期間) なし(6ヶ月後) 2年間
解約事務手数料 なし(5,000円) 9,500円

※記載金額はすべて税抜金額です。別途消費税がかかります。
※()内はキャンペーン適用時価格、条件です。

月額基本料金が安いのはexcite MEC光

キャンペーンを抜きで考えた場合、月額基本料金はexcite MEC光のほうが安いです。

NURO 光は戸建てと7階建て以下のマンションに提供されていて、価格は戸建てとマンションとも同じです。

また、NURO 光は料金プランが「NURO 光G2V(2年間の継続契約)」と「NURO 光G2(契約期間なし)」に分かれますが、契約期間なしだと月額基本料金が7,124円とかなり高くなって実用的ではありませんので、今回はNURO 光G2Vを比較対象としました。

月額基本料金の話に戻りますが、戸建てだと243円、マンションだと1,243円もexcite MEC光のほうがNURO 光よりも安くなります。

初期費用・工事費用は実質大きな差はなし

初期費用はあまり大きな違いはなく、工事費用もNURO 光のほうが倍くらい高く見えますが、初期費用・工事費用はキャンペーンで大きく割引されますので、今はあまり気にしなくて大丈夫です。

キャンペーンを適用した実質の価格はあとで詳しく説明します。

NURO 光は最低利用期間(契約期間)がある

あと、いちばん大きく違うのは、最低利用期間(契約期間)があるかないかでしょう。

excite MEC光は基本、最低利用期間はなしでいつでも解約事務手数料なしで解約できます。

ただし、キャンペーンを適用した場合は、初期費用やレンタル機器月額料金が無料になる代わりに、6ヶ月後までは解約事務手数料が5,000円かかるので注意しましょう。

これに対して、NURO 光は2年間の継続契約があり、途中で解約した場合は、契約解除料が9,500円かかります。

「excite MEC光」のメリット・デメリット

実際にexcite MEC光を契約してみてわかったメリット・デメリットを紹介します。

excite MEC光のメリット

excite MEC光を実際に使ってみたメリットを紹介します。

  • 月額基本料金が光回線で最安値クラスに安い
  • 通信速度が十分に速い
  • 最低利用期間がなし(または、6ヶ月)

なんといっても一番のメリットは、月額基本料金が光回線で最安値クラスに安いことです。

他社のサービスではだいたい月額4000円〜5000円くらいが多い中、excite MEC光マンションの場合、月額3500円です。

もともとBBエキサイトは、「エキサイト光」というサービスを提供しており、月額3,360円と業界最安値水準の価格でした。

ただし、口コミなどを見ていると、場所や時間帯によっては速度が遅くなるという不安がありました。

しかし、excite MEC光は2017年4月から提供が開始された新しいサービスで、次世代のネットワーク(IPv6 IPoE)を採用しているので、安定した通信が可能です。

それでいて価格は3,500円と業界最安値水準を維持しているのが魅力です。

「価格と速度」というインターネット回線を選ぶときの最重要の要素を2つともおさえている最強のサービスと言えます。

さらにもうひとつ、最低利用期間がなし(キャンペーン適用した場合は6ヶ月)なので、試してみて気に入らなければ、解約手数料を気にせず乗り換えられるというメリットもあります。

excite MEC光のデメリット

いいとこだらけのexcite MEC光ですが、多少のデメリットはあります。

  • MEC光専用ルータがレンタル必須(月額100円)
  • 最大速度がNURO 光の約半分
  • 建物や利用環境により、最大100Mbpsとなる場合がある

excite MEC光では、キャンペーンを使用しない場合、MEC光に対応したルータ「NEC Aterm WG1810HP(MF)」のレンタルが必須です。

DS-Liteに対応したルータであれば、上記以外のルータを自分で用意して使うこともできますが、その場合でも「NEC Aterm WG1810HP(MF)」のレンタルは必須で月額100円はかかってしまいます。

100円とはいえ、毎月費用がかかってしまうのはデメリットです。

ただし、キャンペーンの特典で「DS-Lite対応ルータ無料プレゼント」をもらった場合は、キャンペーン適用時に限り、MEC光専用ルータはレンタルされませんので月額100円はかかりません。

あと、これはそれほどデメリットではないですが、通信速度が最大概ね1Gbpsとなっており、NURO 光は最大2Gbpsなので、NURO 光の約半分のスピードとなっています。

とはいえ、NURO 光を除く他のほとんどのプロバイダが下り最大1Gbpsなので、NURO 光が特別速いだけで、最大1Gbpsでも十分速いです。

ただ、建物や利用環境により、最大100Mbpsとなる場合があります。

excite MEC光は、NTTの回線設備を利用したサービスなので、もともとマンションの光回線の種類が「VDSL方式(共用スペースまでは光回線で各戸までは電話回線を使用)」や「LAN配線方式(共用スペース→各戸はLANケーブルで接続)」であった場合、最大100Mbpsとなります。

後述しますが、NURO 光は独自の専用回線を引くので、たとえもともとマンションがVDSL方式であったとしても最大2Gbpsのサービスを受けることができます。

私がNURO 光に乗り換えようか迷っている最大の理由がこれです。

とはいっても、最大100Mbpsに満足していないわけではなく、スピードテストをしてもほぼ最大に近い速度は出ますし、インターネットの速度は高速の部類に入るので、NURO 光より月額基本料金が1,000円以上も安いexcite MEC光はとても魅力のあるサービスです。

「NURO 光」のメリット・デメリット

 

NURO 光を調べまくってわかったメリットとデメリットを紹介します。

NURO 光のメリット

  • 通信速度が最大2Gbps
  • 他の光回線とは異なる専用回線
  • キャンペーンで2年間は安く使える

NURO 光のメリットはなんといっても通信速度が最大2Gbpsと飛び抜けて速いことです。

他の光回線のプロバイダがほとんど最大1Gbpsなので、2倍も最大速度が速いことになります。

そして、私のようにマンションの配線が「VDSL方式」や「LAN配線方式」の場合は、他のプロバイダたと最大100Mbpsに速度が制限されてしまうのですが、NURO 光は他の光回線とは異なる専用回線を引くので、このような速度制限がなくなります。

これがNURO 光に乗り換えを検討している最大の理由です。

また、月額4,743円とexcite MEC光と比べて多少高く感じるのですが、キャンペーンを適用すると2年間の実質費用はexcite MEC光とほとんど変わらなくなります。これは後ほど説明します。

NURO 光のメリットのデメリット

NURO 光にも多少のデメリットもあります。

  • 2Gbpsは出ない?
  • 月額基本料金が高い
  • 2年間の継続契約の更新月以外は契約解除料がかかる
  • 提供エリアが限られている

最大2Gbpsが最大の売りのNURO 光なのに、2Gbpsが出ないとはどういうことなのか説明します。

どのプロバイダでも同じですが、公表している通信速度はあくまで技術規格上の最大値です。実際はそれより低い速度しか出ないことになります。

NURO 光で提供される専用のホームゲートウェイ(ONU)の場合、有線接続の場合は最大1Gbps、無線接続の場合は最大450Mbpsになります。

つまり、ホームゲートウェイまでの通信速度は最大2Gbpsですが、ホームゲートウェイからパソコンまでの速度は、有線接続で最大1Gbps、無線接続で最大450Mbpsになるのです。

これじゃあ他の最大1Gbpsのプロバイダと変わらないんじゃないかと思われるかもしれません。

しかし、最大速度よりは下がるといっても、やはり最大速度が速いほうが実際の速度も比例して速いので安心してください。

次に、NURO 光 G2 Vは、2年間の継続契約になるのもデメリットです。

継続契約は2年単位で自動更新され、2年毎の更新月に解約しないと契約解除料9,500円(税抜)がかかります。

また、サービス提供エリアが限られているのもデメリットです。

NURO 光が現在サービスを提供しているエリアは、関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)、東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)です。

上記以外の地域の方は、サービスが開始されるまで待ちましょう。

私が住んでいる関西も2018年1月下旬から順次サービスが開始されたのですが、私の住んでいるマンションが利用できるようになったのは、さらに4月下旬になってからでした。

もし、まだNURO 光がお住いの地域で提供されていない場合は、最低利用期間のないexcite MEC光などを契約しておいて、NURO 光のサービス提供が開始されたら乗り換えを検討するのがオススメです。

キャンペーン適用時にお得なのはどっち?

ここまでみて、料金面ではexcite MEC光に軍配があがるように見えます。

しかし、キャンペーンを適用した場合は、どうなるでしょうか?

公式キャンペーンを適用した場合の2年間と3年間の合計金額を比べてみます。

NURO 光 キャンペーン詳細

まずは、NURO 光のキャンペーン内容を見てみましょう。

  1. 35,000円キャッシュバック!
  2. 総額40,000円
    開通の翌月から30ヶ月、月額基本料金を割引
  3. 9,000円相当
    So-net設定サポートサービスが無料

キャンペーンページから申し込むと、開通から4ヶ月後に35,000円がキャッシュバックされます。

価格.comなど他のサイトのキャンペーンでは開通から約12ヶ月後にキャッシュバックの手続きをしなければなりません。

しかも、案内がメールできて期限があるので、忘れてしまったり見逃してしまったらキャッシュバックを受け取ることができません。

それに比べてこちらは公式キャンペーンなので4ヶ月後という短い期間で、35,000円キャッシュバックが受け取れるのでかなりお得です!

ただし、こちらも開通月+4ヶ月後中旬にメールで案内がくるので、メールを見逃さないようにしてください。

また、利用開始翌月から30ヶ月、基本工事割賦代金相当の1,334円が割引されます。

開通月 開通2ヶ月目~
31ヶ月目
開通32ヶ月目~
月額基本料金 ~4,743円
(日割りで請求)
4,743円 4,743円
基本工事費割賦 1,333円
キャンペーン割引 -1,334円
実質お支払い額 ~4,743円 4,742円 4,742円

※基本工事費(40,000円)は、開通翌月から30回に分けて請求されます。

2年間の継続契約が条件となり、継続契約は2年単位で自動更新されます。

基本工事費を分割払い期間中に解約した場合は、残債額が一括で請求されます。

つまり、2年の更新月で解約した場合、契約解除料9,500円はかかりませんが、基本工事費割賦の25ヶ月目〜31ヶ月目までの残債額9,331円を一括で支払う必要があります。

また、32ヶ月目から48ヶ月目で解約した場合、基本工事費割賦は払い終わっているのでかかりませんが、更新月ではないので契約解除料9,500円がかかります。

基本工事費も契約解除料も払わずに解約するには最低4年間契約する必要があるので注意しましょう。

以上を踏まえて、NURO 光 G2Vプランの2年間と3年間の実質料金を計算します。

NURO 光 G2Vプラン

料金

  • 月額基本料金:4,743円
  • 基本工事費用:1,333円×30ヶ月
  • 契約事務手数料:3,000円

契約期間

  • 2年間定期契約

スペック

  • 回線速度:下り最大2Gbps / 上り最大1Gbps
  • 無線LAN標準装備
  • セキュリティサービス標準装備

適用キャンペーン

  • 35,000円キャッシュバックキャンペーン
  • 月額基本料金 30ヶ月間割引キャンペーン
  • So-net設定サポートサービス無料

NURO 光の2年間の実質料金

  • 月額基本料金:4,743円×24ヶ月
  • 基本工事費用:1,333円×23ヶ月
  • キャンペーン割引:-1,334円×23ヶ月
  • 契約事務手数料:3,000円
  • キャッシュバック:-35,000円
  • 25ヶ月目〜31ヶ月目までの残債額:9,331円

合計:4,743×24+1,333×23-1,334×23+3,000-35,000+9,331=91,140円

NURO 光の3年間の実質料金

  • 月額基本料金:4,743円×36ヶ月
  • 基本工事費用:1,333円×30ヶ月
  • キャンペーン割引:-1,334円×30ヶ月
  • 契約事務手数料:3,000円
  • キャッシュバック:-35,000円
  • 契約解除料:9,500円

合計:4,743×36+1,333×30-1,334×30+3,000-35,000+9,500=148,218円

NURO 光の公式キャンペーンサイトはこちら↓

excite MEC光 キャンペーン詳細

次は、excite MEC光のキャンペーン内容を見てみましょう。

  1. 8,300円お得! DS-Lite対応ルータ無料プレゼント
  2. 最大5,000円お得! 手数料などの初期費用が無料
  3. 最大18,000円お得! 工事費用無料(ADSL限定)

1つ目は、キャンペーン期間中に申し込むと、I-O DATA製Wi-Fiルータ「WN-AX1167GR2」(メーカ希望小売価格:8,300円)が無料でもらえます。

excite MEC光では通常、MEC光専用ルータのレンタル(月額100円)が必須ですが、キャンペーン適用時はルータがプレゼントされるので、月額100円が不要になります。

ただし、キャンペーンを適用した場合は、以下の最低利用期間と解約事務手数料が適用されます。

  • 最低利用期間:excite MEC光利用開始日より6ヶ月間
  • 解約事務手数料:5,000円(最低利用期間内に解約した場合)

最低利用期間は6ヶ月と短いうえに、6ヶ月後からあとはいつでも解約できるので、キャンペーンを利用するのがオススメです。

2つ目は、以下の3種類の手数料が無料になります。

  • MEC光開通手続き料:3,000円が無料
  • 転用事務手数料(転用申込):2,000円が無料
  • 契約事務手数料(新規申込):1,000円が無料

3つ目は、ADSLから乗り換える人限定なので、多くの人は当てはまらないと思います。

なので、ほとんどの人は工事費用として、2,000円~18,000円かかってきます。

  • ファミリータイプで屋内配線を新設する場合: 18,000 円(税抜)
  • マンションタイプで屋内配線を新設する場合: 15,000 円(税抜)
  • 住宅内の配線設備を再利用する場合: 7,600円(税抜)
  • 工事担当者がお伺いしない場合: 2,000円(税抜)
  • 土日祝日の場合の加算工事費: 3,000円(税抜)

上記のいずれかのりょうき

すでに光回線を使ったことがあり、家まで光回線がきている場合はだいたい工事担当者がお伺いしない工事費2,000円でいけると思います。

うちの場合も2,000円でした。

工事費用が実際にいくらかかるかは、申し込んだ後でないとわかりません。

「工事費用がいくらかかるかがわからないのに申し込みなんてできない」と思われるかもしれません。

確かにそのとおりです。

申し込みをしたあと、担当部署が専用システムで調べたあと折り返し電話がかかってきます。

その段階で工事費用や最大速度がわかるので、もし工事費用や最大速度に満足できなければ、開通前に無料でキャンセルすることも可能です。

なので、自宅の配線状態がわからず、正確な費用を知りたい場合は、一度申し込みをすると、最大速度や工事費用を教えてもらえます。

以上を踏まえて、excite MEC光の2年間と3年間の実質料金を計算します。

excite MEC光の2年間の実質料金

  • 月額料金(マンション):3,500円×24ヶ月
  • MEC光開通手続き料:0円
  • 転用または契約事務手数料:0円
  • 工事費用(マンション):2,000円(~15,000円)

合計:3,500×24+2,000=86,000円

excite MEC光の3年間の実質料金

  • 月額料金(マンション):3,500円×36ヶ月
  • MEC光開通手続き料:0円
  • 転用または契約事務手数料:0円
  • 工事費用(マンション):2,000円(~15,000円)

合計:3,500×36+2,000=128,000円

まとめ

excite MEC光とNURO 光を公式キャンペーンを適用した場合の2年間と3年間の合計金額をまとめます。

excite MEC光 NURO 光
2年間 86,000円 91,140円
3年間 128,000円 148,218円

excite MEC光のほうがどちらも安くなります。

ただし、excite MEC光は工事費が一番安く済んだ場合です。

配線設備を新設するなど工事費用が必要な場合は、マンションの場合で最大で15,000円となるので、表の価格(工事費2,000円で計算)より13,000円高くなります。

また、月額基本料金がexcite MEC光マンションは3,500円、NURO 光G2Vは4,743円と差があるので、3年目以降は合計金額はどんどんexcite MEC光の方が安くなっていきます。

excite MEC光ファミリー(戸建)は月額基本料金が4,500円となり、NURO 光とあまり差がないため、戸建の場合は最初からNURO 光を選んだほうがいいと思います。

マンションの配線方式がVDSLなどで最大100Mbpsに制限されている場合は、NURO 光に契約すると専用回線を引いてもらえるので、劇的に速くなるなる可能性があるのでオススメです。

解約のしやすさで言えば、excite MEC光のほうが更新月もなく6ヶ月経てばいつでも手数料なしで解約できて便利です。

どちらも一長一短あるので、何を基準で選べば良いかを最後にまとめておきます。

  • 速さで選ぶなら→NURO 光
  • 料金で選ぶなら→excite MEC光
  • 解約しやすさで選ぶなら→excite MEC光

といったところです。

今回調べてみて、2年間使うのだったら、どちらも合計料金はそんなに変わらないことがわかりました。

それ以上の期間利用する場合は、速さを優先するならNURO 光、安さを優先するならexcite MEC光を選ぶといいでしょう。

参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

NURO 光 公式キャンペーンサイトはこちら↓










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です