BetterTouchToolがmacOS Mojaveにアップデートしたら動かなくなったときの解決法




BetterTouchToolはMac使いにとっては、必須と言っても過言ではないくらい便利なアプリケーションです。

このBetterTouchToolが、macOSをMojaveにアップデートしたところ、動かなくなってしまったので、その解決方法を調べました。

BetterTouchToolがmacOS Mojaveでエラーが出て使えない?

macOS Mojaveをインストールして、Macを再起動したところ、BetterTouchToolのウィンドウが立ち上がり、「Need to restart BTT」と表示されました。

「BetterTouchToolをリスタートしてください」という内容だったので、「Ok, restart now」をクリックしましたが、すぐに同じウィンドウが立ち上がり、何度やっても問題が解決しませんでした。

BetterTouchTool, BetterSnapToolがmacOS Mojaveで動作しないときの解決方法

BetterTouchTool, BetterSnapToolがmacOS Mojaveで動かないときの解決方法は、BetterTouchToolの公式サイトに書かれていました。

解決方法は、以下の3通りです。

  1. BetterTouchToolまたはBetterSnapToolがMojaveのインストールで動作しない場合は、システム環境設定 => セキュリティとプライバシー => プライバシー => アクセシビリティに行き、リストからBTT / BSTを削除し、もう一度追加します。
  2. これで解決しなかった場合は、次のterminalコマンドを使用して、アクセシビリティ権限データベースをリセットすることができます:「tccutil reset Accessibility」
  3. ライセンスの有効期限が切れ、無料のアップデートを受けない場合、次のバージョンをダウンロードできます:https://bettertouchtool.net/releases/btt_2.428_recovery_mojave.zip
    新しい機能や改善は含まれていませんが、Mojaveで動作させるために修正されました。

私は、①の方法を試した時点で、解決しました。

まとめ

BetterTouchToolは、Mac使いにとって「これなしではやっていけない」というくらい便利なアプリケーションなので、macOS Mojaveにアップデートして動かなくなったときには、「はやまったか!」と焦りました。

しかし、公式サイトにはきちんと解決策が書いてあって安心しました。

私と同じように、macOS MojaveにアップデートしてBetterTouchToolが動作しなくなったという方は、上に書いた方法を試してみてください。

公式の対応も早くて、とても便利なツールなので、ライセンスをアップグレードする価値は十分にあると思います。

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です