【比較】Amazon Mastercard クラシックとゴールドの違いは?どっちがお得か。個人事業主でも作れる?




Amazon.co.jpで商品をカートに入れると、「新規ご入会で5,000ポイントプレゼント Amazonクラシックカード」という、以下のような画面が表示されるのを見たことがありませんか?

「Amazonのクレジットカードを作ると5,000ポイントがもらえますよ」という広告です。

私はAmazon.co.jpをよく利用するのですが、クレジットカードはすでに複数枚持っているし、個人事業主なので、クレジットカードをこれ以上作れるかもどうかわからないので、いつもスルーしていました。

でも、Amazon.co.jpで買い物をするたびに、Amazonクラシックカードの広告を目にするので、だんだんと気になってきました。

そこで、どんなカードか調べてみると、1年に1回でも利用すると年会費無料で、Amazonで買い物をするなら絶対に作っておいて損はないクレジットカードだということがわかったので、申し込んでみることにしました。

この記事では、Amazon MastercardクラシックとAmazon Mastercardゴールドの違いや、どっちがお得か? 個人事業主でも作れるのか? 申し込み手順などを説明します。

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)
ってどんなカード?

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)は、三井住友カードがAmazon.co.jpと提携し、発行するクレジットカードです。

Amazon Mastercardには、Amazon Mastercard クラシックとAmazon Mastercard ゴールドの2種類のカードがあります。

まずは、2種類の特徴について表にまとめます。

Amazon Mastercard クラシック Amazon Mastercard ゴールド
年会費 初年度無料、2年目以降1,350円
1回以上の利用で翌年度無料
10,800円
利用状況により最大6,480円割引
ポイント還元率 Amazonでの買い物
・プライム会員 2%
・プライム会員以外 1.5%
Amazon以外での利用 1%
Amazonでの買い物 2.5%
Amazon以外での利用 1%
Amazon プライム 年会費3,900円 追加料金なしで利用可能
旅行傷害保険 なし 最高5,000万円
お買い物安心保証 年間100万円まで 年間300万円まで
空港ラウンジサービス なし 無料で利用可能
ETCカード 年会費540円で追加可能
(初年度無料、1回以上利用で翌年度無料)

 

Amazon Mastercard クラシックは、前年度に1回以上利用することで、翌年度の年会費が無料になります。

利用は、AmazonでもAmazon以外でもどちらでも大丈夫です。

また、1回以上の利用で年会費無料には、Amazon プライム年会費の支払いも対象になるので、Amazon プライム会員でいる限りは、年会費はずっと無料です(Amazon Mastercardクラシックデスクに確認済み)。

Amazon Mastercard ゴールドは、年会費10,800円ですが、いろいろな特典が付きます。

そして、利用状況により割引があり、割引が適用された場合、2年目以降は実質4,320円(Amazonプライム年会費3,900円も無料)になります。

Amazonプライムをもともと利用している人であれば、年会費3,900円が不要になるので、実質420円の追加負担でゴールドカードが持てるということです。

実質年会費420円でAmazon Mastercard ゴールドを持つには?

Amazon Mastercard ゴールドの年会費割引を受けることで、最大で実質負担金額が年間420円でゴールドカードを持つことができます。

最大の割引を受ける条件を説明します。

  • 「マイ・ペイすリボ」に登録し、前年度に1回以上カードを利用(5,400円引き)
  • WEB明細書サービスを利用し、過去1年間に6回以上の請求回数(1,080円引き)
補足

  • 初年度は、申し込みと同時に「マイ・ペイすリボ」を登録することで5,400円割引
  • 「マイ・ペイすリボ」は、申し込み時には、毎月のお支払い金額を5千円・1万円・2万円・3万円からしか選択できません。毎月の支払い金額を越えた利用代金は自動でリボ払いになり、利息が発生します。これを防ぐために、あとで毎月のお支払い金額をカードの限度額まで上げておく必要があります。

上記の割引を受けることにより、2年目以降の年会費が10,800円 → 4,320円になります。

Amazonプライムをもともと利用している人であれば、Amazon Mastercard ゴールドにすれば、追加料金なしでAmazonプライム特典が利用できるので、Amazonプライムの年会費3,900円がいらなくなります。

よって、 4,320円 – 3,900円で実質420円の年額負担で、Amazon Mastercard ゴールドが持てるという計算です。

たったこれだけの負担で、

  • Amazonでの買い物で2.5%のポイント還元
  • 旅行傷害保険
  • お買い物安心保険 年間300万円まで
  • 全国主要空港のラウンジを無料で利用可能

の特典が受けられます。

【重要】クラシックからゴールドへの切り替えがお得!

ここまで読んで、「実質420円プラスでゴールドカードが持てるのなら、Amazon Mastercard ゴールドのほうが得だし申し込もう!」と思ったあなた! まだ申し込んではいけません!

実は、1番得をするのは、Amazon Mastercard クラシックを申し込んでから、Amazon Mastercard ゴールドへ切り替えることなのです。

なぜかというと、Amazon Mastercard クラシックには新規入会で5,000円分ポイントプレゼントがありますが、Amazon Mastercard ゴールドにはポイントプレゼントがありません。

5,000円分のポイントというのは、50万円の買い物をしてもらえるポイント数なので、これをもらい損ねるとめちゃくちゃショックです。

Amazonのレビューにも、「Amazon Mastercard ゴールドにも入会特典ポイントがあるかと思っていたけど、なくて損をした」という書き込みがありますので、勘違いしやすいポイントだと思います。

Amazon Mastercard ゴールドに申し込む場合も、最初にAmazon Mastercard クラシックに申し込んで、5,000円分ポイントをもらってから、Amazon Mastercard ゴールドに切り替えるのがベストです。

Amazon Mastercard ゴールドにしたら得する人

上で説明したように、Amazon Mastercard ゴールドの割引6,480円とAmazonプライム会員特典3,900円を合わせると、Amazon Mastercard クラシックとの年間の差額420円でゴールドが持てることになります。

では、ゴールドを持ったほうが得になるには、どのような条件があるでしょうか?

Amazonプライムを利用している場合、ポイント還元率は、Amazon Mastercard クラシックが2%、Amazon Mastercard ゴールドが2.5%です。

ポイント還元率に0.5%の差があります。

これで、420円の差を埋めようとした場合、年間84,000円以上の買い物をすればいいことになります。

Amazonプライムを利用していて、旅行傷害保険や空港ラウンジサービスがいらない人の場合、年間84,000円以上Amazonで買い物するのであれば、Amazon Mastercard ゴールドのほうが得です。

ただし、Amazonプライムを利用しない人にとっては、ゴールドの年会費が実質4,320円となり、ポイント還元率は、クラシックが1.5%、ゴールドが2.5%で、1%の差なので、432,000円以上Amazonで買い物するかどうかが損益分岐点となります。

まとめると、Amazonプライムを利用する人の場合、84,000円以上、利用しない人の場合、432,000円以上、Amazonで買い物をする人は、ゴールドが得になります。

Amazon Mastercard クラシックのメリット・デメリット

Amazon Mastercard クラシックのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

まずはメリットから。

  • 初年度年会費無料・年1回利用で翌年度も無料(1回利用はプライム年会費でも可)
  • 入会特典でAmazonポイント5,000ポイント(プライム会員の方)
  • Amazon.co.jpでの利用でポイント1.5〜2%貯まる
  • ポイントの加算時期が早い

Amazon Mastercard クラシックは、初年度年会費無料で、年1回AmazonでもAmazon以外でも利用すると、翌年度も年会費が無料になります。

Amazonプライム会員の方は、プライム会員の年会費の支払いをAmazonのクレジットカードにしておけば、自動的に年1回は使うことになるので、カードの年会費は無料になります。

こうしておけば、カードを1年間利用し忘れて、カード年会費を払うことにならないのでオススメです。

プライム会員の方は、入会特典も5,000ポイントもらえます。

Amazonプライムは、年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)なので、プライム会員でない方は、Amazon Mastercard クラシックを作るときだけでもプライム会員になっておくと、入会特典5,000ポイントがもらえてお得です。

Amazon.co.jpでの利用で、1.5%(プライム会員は2%)ポイントが貯まるのもメリットです。

しかも、他のクレジットカードと比べてポイントの加算時期が早いのも特徴です。

普通のクレジットカードであれば、利用の翌月中頃にポイントを付与されることが多いですが、Amazon Mastercard クラシックは、Amazon.co.jpでの利用は、商品の発送後すぐにポイントが付与されます。

Amazon.co.jp以外での利用は、翌月15日までにポイントが付与されます。

デメリット

次に、デメリットについても紹介します。

  • ポイントを使える場所がAmazonに限定
  • 支払日が毎月26日
  • ポイントに有効期限がある(購入・獲得で延長あり)

Amazon Mastercard クラシックで貯まるポイントは、Amazonポイントなので、使い道がAmazon.co.jpでの買い物に限定されるのがデメリットです。

たとえば、楽天カードで貯まる楽天ポイントは、楽天市場はもちろん、楽天トラベルなどの他の楽天のサービス、マクドナルドやJoshinといった街中での加盟店でのお買い物、ANAのマイルに交換することができます。

Amazonポイントの場合は、Amazon.co.jpでの買い物に限定されてしまうのは確かにデメリットですが、Amazon.co.jpは、ほとんどどんなジャンルの商品でも取り扱い、最安値の場合も多いので、使い道に困るということはなさそうです。

支払日が、毎月26日と他の多くのクレジットカードの27日よりも1日早いのもデメリットになります。

他のクレジットカードより支払日を1日前にすることで、取りっぱぐれのないようにしようということだと思いますが、使う側にとっては、支払日がまとまっていたほうが、お金の準備を確認しやすく便利です。

Amazonのクレジットカードが26日支払いになることで、結局他のカードの支払いもその前日までに準備しなくてはならず、お金の準備が1日前倒しになるということです。

また、Amazonポイントには有効期限があります。

有効期限は、Amazon.co.jp での最終購入日もしくは、最終ポイント獲得日から1年間です。

Amazon.co.jpで買い物するか、Amazonポイントを獲得すると、有効期限が1年間延長されます。

ただし、有効期限は楽天ポイントでも同じなので、大したデメリットではないです。

1年に1回でもカードを使うと、ポイントの有効期限が1年間延長されるので、ポイントが失効することはありません。

Amazon Mastercard クラシックの申し込み手順

では、実際にAmazon.co.jpから、Amazon Mastercard クラシックを申し込んでみましょう。

Amazon Mastercard クラシックのページの「今すぐ申し込む」をクリックします。


注意
Amazonプライム会員の人は、必ずログインしてから申し込みましょう。

ログインしていない場合は、新規入会のポイントが2,000円分になってしまいます。

ログインした状態で、入会特典ポイント数が5,000円分と表示されているのを確認してください。

Amazon.co.jpのログイン画面が表示されますので、ログインしてください。

三井住友カード株式会社のウェブサイトへ移動しますので、「即時審査サービスで今すぐ申し込む」をクリック。

会員規約等が表示されますので、「同意の上、次のページへ進む」をクリック。

「ご本人とお支払い口座について」等のフォームを入力していきます。

「ご職業とキャッシング・リボについて」を入力します。

「ご希望のカード、その他について」を入力します。

「入力内容確認」画面で、内容を確認したあと、「この内容で送信する」をクリックしてください。

続いて、「オンライン口座振替設定」を行います。「同意する」をクリックして銀行のサイトに移動します。

ゆうちょ銀行のサイトで「同意する」をクリックして、口座情報確認や本人確認をして、口座振替申込を完了させてください。

画面が切り替わって、「ただいま審査中です」と表示されて、審査が始まります。

即時審査は、3分程度と書かれていましたが、実際は1分もかからずに結果が出ました。

無事にAmazonテンポラリーカード(番号のみ)が発行されました。

Amazonテンポラリーカードは、ご利用枠3万円、有効期限は発行日の翌々月末日までの仮カードです。

Amazon.co.jp内ですぐに使えてポイントも貯まります。

Amazon Mastercard クラシックは、最短3営業日で簡易書留で発送されます。

入会特典ポイントは、Amazon Mastercard発行の翌営業日に加算されますので、楽しみに待ちましょう。

Amazon Mastercard クラシックは個人事業主でも発行できる? の答え

個人事業主でも即時審査サービスで、必要事項を入力してすぐに、利用枠3万円の仮カード(Amazonテンポラリーカード)が発行できました。

ただし、申込完了ページに、「続いてクレジットカード発行の審査を行い、カードは簡易書留でお送りします」と書かれていたように、この時点では、まだクレジットカード自体の審査が通ったわけではありません。

個人事業主はクレジットカードの審査が通りにくいと言われてることもあり、個人事業主になってから、クレジットカードの申し込みに躊躇していました。

もし落とされたら、「あなたは信用がないですよ」と言われているようで凹むからです。

なので、個人事業主でも仮カードの即時審査に通ることがわかって安心しました。

もともとAmazon Mastercard クラシックの利用可能枠が10〜80万円とそんなに高くないことや、別のMastercard(利用枠100万円の楽天カード)を持っていることもあり、大きな利用枠は期待できないですが、どれくらいの利用枠になるのか楽しみです。

2018年6月4日追記

申し込み翌日、「【Amazonマスタークラシック】ご入会審査結果のお知らせ」が届きました。

「この度は、弊社クレジットカ-ドをお申し込み頂き、誠にありがとうございます。
大変お待たせ致しましたが、お申込みカードの入会審査が完了しましたので、ご連絡致します。
カードは本日より1週間前後で簡易書留郵便にてお届けいたします。」

とのことで、個人事業主でも無事にAmazon クレジットカードが発行できることがわかりました。

2018年6月5日追記

さらに翌日、カードが登録され、入会特典のAmazonポイントの5,000ポイントが付与されました。

「お客様のAmazonアカウントに、発行されたカード番号が登録され、入会特典のAmazonポイントが加算されました。
カ-ドは、後日カード会社より簡易書留郵便にて送られます。」

申し込みからたった2日で、本当に5,000ポイントももらえました! Amazonさん太っ腹すぎませんか!?

土日祝日でも即時発行は可能か?

申し込みをしたのが日曜日でしたが、即時審査サービスは利用可能でした。

利用可能時間は、毎日9:00〜19:00です。

休日でもAmazonテンポラリーカードが即時発行されて、すぐにAmazonでの買い物に利用できます。

カードは何日で届くの?

私の場合、6月3日にAmazon.co.jpから申し込み、6月8日にクレジットカードが届きました。

申し込みから5日でした。

上の写真の封筒で届きました。

カード番号自体は、申し込みの翌々日にAmazonアカウントに登録され、すぐに買い物で利用できるようになっていました。

しかし、カードが届くまでは、利用枠がいくらなのかはわからないので、ドキドキしながらカードが届くのを待っていたので、封筒を受け取ったときは嬉しかったです。

さて、Amazon Mastercard クラシックの利用枠はいくらだったのでしょうか?

個人事業主の利用枠はいくらだったか

Amazon Mastercard クラシックの申し込みページによると、総利用枠は「10~80万円」となっています。

「個人事業主だし、そんなに大きな利用枠はもらえないだろうな〜。でもせめて30万円くらい限度額あれば、使い勝手がいいのにな〜」と思っていました。

三井住友カードから届いた封筒を開けて、まずはカードとご利用枠を確認。

カードご利用枠は、なんと70万円でした。

これはかなり思っていたよりも、大きな額でした。

個人事業主というのと、別のマスターカード(楽天カード)の利用枠が100万円であることから、同じブランドでは利用枠の総合計が決まっていて、2枚目は枠がもらいにくいのかと思っていました。

しかし、意外にも今回の利用枠は、今まで作ったクレジットカードの初回利用枠の中でも1番大きな数字でした。(大体は初回30万円くらい)

もしかしたら、マスターカード(楽天カード)をよく使っていたのが、審査に良い影響を与えたのかもしれません。

とにかく、個人事業主でもAmazonのクレジットカードが作れて、けっこう大きめの利用枠ももらえることがわかりました。

Amazon Mastercard クラシックを受け取り後にすること

カードを受け取ったあとにすることを説明します。

  • 三井住友カードのインターネットサービス「Vpass」に登録
  • Amazonプライム会員年会費の支払い方法を変更

順番に説明します。

「Vpass(ブイパス)」登録の手順

三井住友カードVpassページへ

「Vpass(ブイパス)」は、毎月のお支払金額やご利用明細の確認ができる、三井住友カードのインターネットサービスです。

カードが届いたら、Vpassに登録しておきましょう。

上の画面の「Vpassにご登録(無料)」をクリックしてください。

続いて、「お申し込みはこちら」をクリックします。

続いて、個人・法人選択では、個人会員のお申し込みの「お申し込みはこちら」をクリック。

「『Vpass』のみを登録」か「『Vpass』および『カードご利用代金WEB明細書サービス』を同時登録」のどちらかを選択し、「同意する」をクリック。

補足
Amazon Mastercard ゴールドの年会費割引(1,080円)を受けるには、 WEB明細書サービスを利用し、過去1年間に6回以上の請求回数があることが必要です。

Amazon Mastercard クラシックの場合、「カードご利用代金WEB明細書サービス」を同時登録しなかった場合も、自動で登録されます。

画面に従って、お客様情報の登録をしていきます。

補足

  • カード情報の入力が必要なのでカードを手元に準備しましょう
  • ID・パスワード・ハンドルネーム・メールアドレスが必要なので決めておきましょう(全て後から変更可能です)

お支払い口座の口座番号下4桁を入力し、「次へ進む」をクリック。

登録内容の確認画面が表示されるので、「決定する」をクリックします。

以上でVpassの登録が完了しました。

補足

「請求額確定通知メール」に「お支払い合計金額」を表示したい場合、Myページの「登録内容の照会・変更」から、「指定項目を表示する」にチェックを入れてください。初期設定では、「表示しない」になっています。

私の場合、メールで合計金額も確認できたほうが便利なので、「表示する」に変更しました。

Amazonプライム会員年会費の支払い方法を変更

Amazonプライム会員の方は、支払い方法に登録しているクレジットカードを、Amazon Mastercard クラシックに変更しておきましょう。

そうすることで、Amazon Mastercard クラシックを年1回は確実に利用することになり、翌年度のカード年会費1,350円が無料になります。

つまり、Amazonプライム会員でいる限りは、Amazon Mastercard クラシックの年会費が発生しません。1年間使い忘れてしまって、年会費が発生するという事態が防げます。

支払い方法の変更の手順を説明しておきます。

Amazonプライム会員年会費の支払い方法変更の手順

画面右上の「アカウント&リスト」をクリック。アカウントサービスの「プライム 会員特典とお支払い方法の確認」をクリックします。

「支払い方法を変更する」をクリックします。

Amazon MasterCard クラシックを選択して「次に進む」をクリック。

これで、Amazonプライム会員年会費の支払い方法の変更が完了しました。

Amazonプライム会員会員費の支払いを、Amazon MasterCard クラシックにすることで、Amazon MasterCard クラシックの年会費が自動的に無料になるのは嬉しいですね。

まとめ

Amazon Mastercard クラシックは、初年度年会費無料、1回以上の利用で翌年度無料なので、1年に1回でもAmazon.co.jpを利用する人は作ったほうがお得です。

Amazonプライム会員の方は、プライム年会費をAmazon Mastercard クラシックで支払っておけば、カードの年会費はずっと無料になります。

Amazon Mastercard クラシックとAmazon Mastercard ゴールドのどちらがいいかについては、Amazonプライムを利用している人の場合、年間84,000円以上Amazon.co.jpで買い物するなら、ゴールドのほうが得です。

ただし、Amazon Mastercard ゴールドには、入会特典ポイントが付かないので、Amazon Mastercard クラシックでカードを作って入会特典ポイントをもらってからゴールドに切り替えたほうがお得です。

あなたがAmazonプライム会員なら、Amazon Mastercard クラシックでもAmazonでの買い物で2%のポイントが獲得できるので、かなり還元率のいいクレジットカードといえるでしょう。

私は今まで、Amazonでの買い物にも楽天カードを使用していたので、ポイントが1%しか還元されていませんでした。

Amazon Mastercard クラシックを使用することで、ポイントが2%還元されるので、2倍のポイントが貯まることになります。

2倍って大きいですね。もっと早くAmazon Mastercard クラシックを作っておけばよかったと思いました。

Amazonのクレジットカードは、作るのが遅くなればなるほど、Amazonの買い物でもらえるポイントを損してしまいます。

Amazonでよく買い物をする人は、できる限り早くAmazonのクレジットカードを作ることをオススメします。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です